1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

トヨタ カローラクロスVS日産 キックス! e-POWERとハイブリッドでも燃費に大きな差があった!

MōTA / 2021年10月27日 13時30分

トヨタ 新型化オーラ クロス vs 日産 キックス

2021年9月14日(火)に発売したコンパクトSUVのトヨタ カローラクロス。 街乗りから遠出のドライブまで幅広く対応できるクロスオーバーSUVとして超人気カテゴリーに満を辞して投入されたカローラクロスのライバルは数多くいる。 今回は日産のe-POWERのみのパワートレインで大胆な勝負に出た日産 キックスと走行性能や価格、ラゲッジルームなどについて比較してみたい。

トヨタ 新型化オーラ クロス vs 日産 キックス

ボディサイズはカローラクロスの方が大きいが室内空間に大きな差はない

カローラクロスは全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mmとサイズとしてはミドルサイズのSUVに近い。一方のキックスは全長4295mm×全幅1760mm×全高1585mmと小さい。

カローラクロスは全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mm, キックスは全長4295mm×全幅1760mm×全高1585mm

カローラクロスは全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mm, キックスは全長4295mm×全幅1760mm×全高1585mm

室内寸法はカローラクロスが1805mm×1505mm×1265mmだが、キックスは1920mm×1420mm×1250mmと全体的に見れば大きな差はない。VDA方式でのラゲッジルームの広さもカローラクロスが487L、キックスが423Lと同等程度だ。

荷室スペースを広く使いたい場合、後席がフラットにならないことはキックスのデメリットではあり、カローラクロスもオプション装備によって段差を埋める必要があるが、トヨタ ヤリスクロスやホンダ ヴェゼルなど他のコンパクトSUVモデルと比べればかなり広く感じられるだろう。

パワートレインは大きく異なる! ハイブリッドモデルの燃費はカローラクロスに軍配が上がる

またパワートレインはカローラクロスが1.8リッターガソリンと1.8リッターのハイブリッドの2種類、キックスは1.2リッターのe-POWERのみ。駆動方式もカローラクロスはFFとE-FOUR(四駆)の2種類があるのに対してキックスはFFのみだ。

カローラクロスには1.8リッターハイブリッドモデルが用意される, キックスは1.2リッターのe-POWERモデルのみ設定

カローラクロスには1.8リッターハイブリッドモデルが用意される, キックスは1.2リッターのe-POWERモデルのみ設定

ただ、e-POWERは低速域からパワフルなトルクを発揮し、静粛性も高い。アクセルの踏み戻しだけで加速から減速まで操れるワンペダル感覚のドライビングを味わうことができる。

また、キックスに搭載したe-POWERは最大出力を約20%向上させ、中高速域の力強さも高めたことで、高速での追い越しや合流、ワインディング走行など、パワフルでキビキビした走りを実現する。

キックスは高速道路での走行性能も高い

さらに燃費も比較してみたい。カローラクロスのハイブリッドモデルはWLTCモードで26.2km/L(FF)、24.2km/L(4WD)。一方のキックスは21.6km/L。燃費はカローラクロスが上カローラクロスには最高出力140馬力、最大トルク170Nmのパワフルなエンジンを搭載し、動力性能を補っている。キックスは、先代ノートの第1世代e-POWERシステムに改良を加えたエンジンが採用されている。

価格は大差ないが、使い方によって選択が分かれるだろう

価格(税込)はカローラクロスがガソリンモデルで199万9000円〜264万円、ハイブリッドが259万円〜299万円(FF)、279万円〜319万9000円(4WD)。キックスが275万9900円〜286万9900円だ。カローラクロスだけで比較するとハイブリッドは約35万円高、ハイブリッドモデルのみで比較してもE-FOURはFFより20万9000円高くなるが、キックスとはそれほど大きな価格差はない。

アウトドアレジャーなどでの使用を考えればE-FOURも用意し、ラゲッジルームも広々としたカローラクロスを選ぶべきだろう。しかし、街乗りや高速道路も快適なキックスも室内の広さはある程度欲しいという人におすすめできるモデルとなる。

しかし、室内空間やラゲッジスペースなどは実際に車両に乗ってみるなどしなければイメージがつきにくいもの。使い方に合わせて実際の車両を乗り比べてみるのが良いだろう。

【筆者:MOTA編集部】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング