ヤマハ発動機、三輪の電動アシスト自転車「PAS ワゴン」を発売

MotorFan / 2018年2月22日 23時0分

ヤマハ発動機、三輪の電動アシスト自転車「PAS ワゴン」を発売

ヤマハ発動機株式会社が、積載性に優れた三輪の電動アシスト自転車「PAS ワゴン」2018年モデルを2018年5月2日より発売する。

「PAS ワゴン」(レッド)
「PAS ワゴン」(アースブルー)

「PAS ワゴン」は、足つき性とまたぎやすさに優れた低床U型フレームに、低重心で実用的なリヤバスケットを装備した三輪タイプのモデルで、バッテリー残量を大きな数字で表示する「液晶かんたんスイッチ」やシンプルな2つの走行モード、暗くなると自動点灯するオートライトなど、使う人にやさしく便利な機能が充実している。

2018年モデルは、華やかで上質感のある3種類の新カラーをラインアップし、イメージを一新。車体カラーだけでなく、パーツまでトータルカラーコーディネートし、車体全体でアクティブなイメージが演出されている。
サドルの変更により、クッション性と足つき性 ※も向上。

また、「軽量・コンパクト・高性能」による走りの楽しさと環境性能を高次元で具現化するスマートパワー・ドライブユニットコンセプト“GREEN CORE(グリーンコア)”に基づいたドライブユニット(PAユニット)を新たに搭載し、車両重量の軽量化やより軽やかな走り心地を実現。

ギアポジションに合わせてきめ細やかな制御を実現する当社独自の機構「S.P.E.C.3」やなめらかで快適なアシスト走行を実現するトリプルセンサーシステムなど、従来から好評の特長はそのまま継承されている。

※サドルの変更により、2017年モデルとの比較で、適応身長を30mm、最低サドル高を20mm低減。

■「PAS ワゴン」カラー3色(新色3)
発売日:2018年5月2日
メーカー希望小売価格:210,600円(本体価格195,000円+消費税15,600円)
販売計画:2,000台(年間、国内)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング