BASF:Ultramid Advanced Nを使用した半製品を初めて製造

MotorFan / 2020年8月6日 12時0分

BASF:Ultramid Advanced Nを使用した半製品を初めて製造

BASFの高温耐性ポリフタルアミド「Ultramid Advanced N」を用いて、GEHR社が棒状押出成形品に使用した。

 BASFは、押出成形で半製品化できるポリフタルアミド(PPA)、Ultramid Advanced N 5H UNを開発した。半製品の熱可塑性プラスチック押出成形における世界的リーダーであるGEHR社は、この新しいPPAを使用して、直径50mmの押出成形品を製造している。

 BASFのポリフタルアミド製品群は、Ultramid Advanced N (PA9T)、Ultramid Advanced T 1000 (PA6T/6I)、Ultramid Advanced T 2000 (PA6T/66)、および長年の実績を持つUltramid TKR (PA6T/6)によって構成されている。自動車産業や電気電子産業、機械工学、消費財など多様な分野において、軽量で高性能な次世代プラスチック部品の可能性を広げる。PPAの製品群は世界各国で販売されており、BASFのUltrasimシミュレーションツールとアプリケーション開発における豊富な経験に基づき、射出成形や押出成形用に50以上の配合グレードがあります。難燃剤の有無や、様々な熱安定剤、無着色からレーザーマーキング可能な黒色といった色味や、短繊維ガラス、長繊維ガラスまたは炭素繊維強化材などから選択可能。

 Ultramid Advanced Nは、半芳香族の化学構造により、高温に対する優れた機械的特性を備えている。厳しい使用環境でも優れた耐薬品性と耐加水分解性を発揮し、100°C以上の高温でも良好な耐摩擦、耐摩耗特性を維持する。湿潤環境においても、全てのポリアミドの中で最も高い寸法安定性を示している。こうした特性により、Ultramid Advanced Nは、半製品や小型組立部品の押出成形だけでなく、自動車産業、機械工学、厨房設備など幅広い用途にも最適。半製品は、切削加工によって最終製品に加工される。

「GEHRは、押出成形にPPAを使用することに成功した最初の企業です。押出成形に関する彼らの専門知識を活かし、ボイド(気泡)を生じることなく製造可能な形状を開発しました」と、BASFのパフォーマンスマテリアルズ事業部の販売部門グループヘッドであるフィリップ・ウェンツ氏は述べている。

「これがポリフタルアミドで作られた世界初の半製品であるかどうかは明言できませんが、半製品市場において高機能素材は、これまで重要な役割を担っていませんでした。それは、通常のポリフタルアミドでは押出成形が難しいことが、理由のひとつと考えられます」

 Ultramid Advanced N 5Hは、ポリエーテルエーテルケトンやポリアリールスルホンを素材とした半製品と、エンジニアリングプラスチックを素材とした半製品との市場ギャップを埋める製品である。BASFの素材は120°Cを超える環境でも使用可能で、丸棒以外の形状にも適している。

 GEHRのアプリケーションテクノロジーの責任者であるBernhard Grosskinsky氏(バーナード・グロスキンスキー氏)は、「BASFのポリフタルアミドは、市場に出回っている他のPPAに比べてはるかに扱いやすく、高い溶融安定性とともに広い視野をもたらしてくれます。素材の品質を損ねることなく、安定した半製品の生産を維持しています。さらに、半製品から最終製品への加工も容易です」と述べている。

 GEHRの押出ロッドにより、高温環境で使用される部品や寸法安定性が必要なポンプ部品、歯車、サーモスタットハウジング、スライディングレールなど幅広い用途に使用できる。自動車産業においては、モーター、トランスミッションオイル、冷却剤、酸、塩や凍結防止剤と接する部品に特に適している。また、高温環境でも優れた耐衝撃性と耐摩擦性、耐摩耗性を必要とする部品にも使用可能だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング