1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

Craft Curiosity Issue : Molley May「自然を見て、その圧倒的な混乱と美しさを捉えたいといつも思う」

NeoL / 2021年10月31日 17時0分

Craft Curiosity Issue : Molley May「自然を見て、その圧倒的な混乱と美しさを捉えたいといつも思う」



フィジカルな距離を求められる今、オンラインに没入する時間が増加傾向にある。情報収集や人との繋がりはもちろん大切だが、同時に自身を落ち着いたオフラインの環境に置くこともまた重要だ。自分が求めるものや喜びを感じるものを、己の手を動かして創り上げる時間は、ストレスフルな時代を生き抜くための術でもある。NeoLではハンドメイドのアートで人々を魅了する作家の作品を紹介するとともに、ものづくりの時間へ誘う。
特集の最終章を飾るのは、イラストレーターのMolley May。自然を愛し、ドローイングを愛する彼女の、繊細でいて伸びやかな筆致は観るものの感情や郷愁を呼び起こす。その日の気分でマテリアルを選び、そのマテリアルに沿って描くーー創作はそんな風に身近な友人のような存在なのだ。

(→ in English)



――あなたが自分のスタイルを確立したのはいつ頃でしょうか。どのようにして自分のスタイルに確信を持てたのでしょう。


Molley May「私は“スタイル”という概念を信じていないんです。それよりも、どういう風に形づくって整えていくのかというコンセプトを見つけたのだと思います。物心ついたときからずっと絵を描き続けているのですが、スタイルにこだわらないようになって、自然と自分のものだという印のようなものが作品の中にできていったときから自信を持って表現をしていくようになりました」


――ソーシャル・メディアがスタイルやファッションの流れを決めているように思える今、自分のスタイルを保つためにどうしていますか。


Molley May「ファッショナブルなアートやドローイングを制作するつもりはないので、絵との繋がりを感じながら描くだけです。特定のルックを維持することが常に重要であるとは限りません。好きなだけ実験して好きなだけ遊ぶことも重要なんです。
これはファッションにも当てはまると思います。トレンドをあまり見ないのですが、マイクロトレンドが台頭してきているのはとても心配。私はいつも自分を反映しているようなものを見つけたり、つくったりすることが好き。たとえば、私は16歳のときにヴィンテージ・マーケットで買ったベビーブルーのレースの洗礼ドレスを今でも着ています(もう10年以上も前なんですね!)。私たちがパーソナルなスタイルをつくり出すときに焦点を当てるべきは、その命を存えさせるということでしょう」







――あなたの作品は繊細であたたかみがあり、リアルさがあります。あなたの作品を形づくったのはどのような過去の経験なのでしょうか。


Molley May「私はいろんなことに共感を覚えるし、全てのことをとても注意深く眺めるのが大好きな優れた観察者でもあるんです。そういう点が自分の生き方や絵の描き方に大きな影響を与えていると思います」


――デイジーにて何度かワークショップを開かれています。教えることでご自分の視点も何か変わったりしましたか。


Molley May「教えるということはいつも非常に特別でユニークな体験で、本当に光栄なことだと思います。自分の知識や経験が実際のところどれくらい蓄積されているかが分かりますし、他の人がその知識や経験をどれくらい聴きたがっているかも実感できます! このワークショップの私なりの目標は、何か可愛いものをつくることではなく、絵を描くことの喜びをわかってもらうことなんです」







――作品の多くは鉛筆とパステルで描かれていますね。


Molley May「素材こそが全てです! 私がつくるもののほぼ全てがその日に選んだマテリアルによって決まります。パステル画はスケールが大きく、本能的なイメージですが、つけペンを用いることでより緻密で繊細な味わいにもできます」


――花と人が大きなテーマのようですが、どうしてこの2つがあなたの中で結びついているのか知りたいです。


Molley May「田舎で育って、常に植物がたくさんある家にいたので、自然と植物は私のスタイルに大きな影響を与えているんだと思います。植物や揺れ動き、変わりゆく自然を見て、その圧倒的な混乱と美しさの感覚を捉えたいといつも思う。そうした姿は時に人間の感情にも反映されるのだと感じます」







――あなたの作品はとても繊細ですが、アーティストの感度というのは時間と共に変化すると思いますか。


Molley May「そうではないことを祈ります。私は繊細で感じやすい人間で、とても深く受け止めてしまうから難しい時もありますが、寛容さも常に持ち続けたいですね」


――意味を持つ作品を制作することはアーティストにとって重要だと思いますか。


Molley May「アートには必ずしも意味は必要ではないと思います。私の作品の多くは観察の上で成り立っているもので、カタログとしてしかほぼ意味は成さないかもしれない。でも絵との結びつきを得ることはできるから、メタフォリカルな視点での意味に沿うことはできるのではないでしょうか」


――人々はあなたの作品を通してあなたを認識しますが、あなたにとってドローイングはどんな意味を持ちますか。


Molley May「私はドローイングとずっと共にありました。深いレベルでどんな意味を持つかはわかりませんが、ドローイングは人生や目的を理解するための導きや助けになってくれています」







――自分のイラストのスタイルがファッションにも繋がっていると思います?


Molley May「あまり考えたことはなかったけど、確かにそうかも。オイルパステルと鉛筆の間でスウィングするのと同じように、その日の気分でたくさんの白もたくさんの色も身につけます。衣装を身につけるときは肌触りや細かな部分にもとても注意して選ぶのですが、それもまさにドローイングでやってることです」


――アートスクールでの経験はどのようにあなたを形づくったのでしょうか。


Molley May「アートスクールに戻れたらもっと頑張りたいですね。当時大好きだったイラストレーションの学位を取得しましたが、芸術や絵画の学位を取得する自信がなかったため、クールな気分でもいい気分でもありませんでした。私はイラストが大好きで、今でも自分をイラストレーターと呼んでいます。コマーシャルアートから離れて、実践について多くのことを学び、さらにイラストレーションに対する愛情が深まりました。
アートスクールでの経験はコンテンツという枠を超えて貴重なものでした。自分何者であるかを学ぶ契機となったのです。学校ではいつも自分をアウトサイダーのように感じていて、友達もあまりいなかったのですが、自信を持って作品をつくれるようになったら突然周りに人がやってくるようになったんです」







――パンデミックで何か影響はありましたか。作品へのアプローチが変わったなど変化があれば。


Molley May「パンデミックのトラウマは少しだけマシになりました。何ヶ月も創作に苦悩したし、加えて財政的にも大きな打撃があったんです。そしてそれは私だけに起こったことじゃなく、残念ながらたくさんの友人たちも同じような状況です。そのためにパートタイムの仕事を再開したばかり。社会構造や日々のルーティーンが以前のように戻る手助けとなってくれてばいいなと願っています」



――近い将来の目標のようなものがあれば教えてください。


Molley May「人々の記憶に残る作品をつくりたい。人々が作品を観て、とても大切なものに触れたような感情の渦に襲われているのを見るのがとても好きなんです。役に立たないように思えるかもしれないけど、私は人々のその感情のために創作を続けていきたいです」







text Maya Lee (IG)






Molley May
Drawing and looking. Multi-media illustrator and artist.
https://www.molleymay.com
https://www.instagram.com/molley.may/









――When were you able to establish your style, how did you find confidence in what you do?


Molley May : I don’t really believe in the idea of ‘style’ - for me I found the concept to warping and limiting for my practice. I have been drawing for as long as I can remember but only began expressing myself with confidence when I stopped forcing a style and began embracing the way I naturally make marks.


――Now when social media dictate styles and fashion, how do you maintain your own style.


Molley May : I am not looking to create art or drawings that are fashionable so I think that helps. I am just drawing because I feel linked to it. In terms of maintaining a certain look, I don’t think that is always so important either, you should experiment and play as much as you like.

I think this can apply to fashion too, I don’t look at trends too much and find the rise of micro-trends very worrying. I prefer to find or make pieces that I know will always reflect me, for example, I still wear a baby blue lace christening dress that I bought from a vintage market when I was 16 (over 10 years ago!). Longevity is what we should be focusing on when creating a personal style.







――Your work is very subtle, kind but real. What past experiences shaped your work now?


Molley May : I think I am quite an empathetic person and have always been a great observer, I love to look closely and carefully at everything, I think this has had a real impact on that way I live my life and the kind of drawings I make.


――We saw that you have been doing several drawing workshops on Daisy. How has teaching changed your perspective of you as an illustrator?


Molley May : Teaching always feels very special and unique, I feel very honoured every time. I think taking part in these workshops has made me realise how much knowledge and experience I have actually accumulated and how much others want to hear! My main goal with these workshops is to hopefully encourage a small handful of people to embrace drawing for the joy of it not for the idea of creating something pretty.







――Many of your drawings are done with pencils and pastels. How do these materials play a part in your drawings?


Molley May : Material is everything! So much of what I make and how it looks is dictated by the material i’ve chosen that day. Pastels call out for large scale and visceral imagery where as you can be far more carefully and delicate with a dip pen.


――Flowers and people are a big theme in your work. What do you think ties these two things together? Are they similar or are they different?


Molley May : I grew up in the country side and have always been in a house full of plants so naturally flora has had an influence over my style. I think when I look at plants or tumbling nature I want to capture that overwhelming sense of confusion and beauty, something that is also echoed in human emotions regularly.







――Your work is very sensitive. Do you think as an artist, sensitivity changes over time?


Molley May : I hope not, I am a very sensitive and emotional person. I feel very deeply and although it can be difficult at times I hope that I never loose this openess.



――How important is it as an artist to develop work that has meaning?


Molley May : I don’t think art has to have meaning necessarily, a lot of my work is based on observation with very little meaning other than to catalogue. However my practice has a meaning in connecting to drawing so maybe if you have that metaphorical meaning can fall away.


――As people recognize you for your work, what do you think drawing means to you?


Molley May : Drawing has always been my companion. I am not sure what it means to me on a deeper level but it guides me and helps me understand my life and its purpose.







――How do you think your illustrative style is conveyed in your fashion?


Molley May : I hadn’t really thought about it before but I suppose they are! I dress either in a lot of white or a lot of colours depending on my mood - much like how I swing between oil pastels and pencils. I also focus a lot on texture and details when dressing, again something that is reflected in my drawing!


――How did your experience at art school shape you? Was there anything you would do differently?


Molley May : I think I would try harder if I went back to art school. I did an illustration degree which I loved at the time but also because I didn't have the confidence to apply for an arts or painting degree, I didn’t feel cool enough or good enough. I love illustration and still refer to myself as an illustrator but I learnt so much more about my practice and found a lot more love for it when I moved away from commercial art.

I think the experience of being at art school was valuable beyond its content however, I started learning about who I was there, I always felt like an outsider in school and never really had many friends but being suddenly surrounded by people just like you really does a lot for self-confidence.







――.How do you think the pandemic affected you? Has it changed your approach to working?


Molley May : I feel as though the trauma of the pandemic has wiped my brain a little bit, I’ve been struggling creatively for months, there was also a big hit financially which only adds more stress - this is not unique to me, unfortunately I know many of my peers are experiencing the same thing. I’ve just started a part-time job again and I’m hoping the structure and routine of this will help guide me back to where I was before.


――What do you hope to accomplish in the near future?


Molley May : I hope that I can make work that people remember, I would love for someone to look at my work and feel that swoop of emotion that you get when you see something important to you. As vain as that may sound, I would love to create that feeling for others.







text Maya Lee (IG)





Molley May
Drawing and looking. Multi-media illustrator and artist.
https://www.molleymay.com
https://www.instagram.com/molley.may/


関連記事のまとめはこちら


https://www.neol.jp/art-2/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください