1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際

中国風ゲンコツのおさめ方 - ふるまい よしこ 中国 風見鶏便り

ニューズウィーク日本版 / 2013年10月12日 16時45分

 こちらの想像どおりの「918」や尖閣(高齢層)と日本製品ボイコットを口にした人たちの後に、非理性的な行動を非難する若者の声が流れた。そして賑わうレストランでまさに鍋を囲んでいる人たちが次々と自国の今の豊かさを語る。中国では昔から食事を取る姿は「豊かさ、満腹(満足)感」の象徴だ。続いて中国外交部の洪磊報道官(つまり権威筋)が、「我が国は屈辱の歴史から抜け出し、世界舞台の中央に立った。東方に屹立する国の報道官を支えるのは我が国の強大さだ」と言って終わる。

 これは、明らかに国民を「なだめる」ために作られている。昨年の「あなたは幸福ですか?」インタビューのように見るからに貧しそうな人たちの幸福感イメージを煽って終わるのではなく、昨年の反日デモで猛り狂った「愛国」という炎を国民をなじることなくなだめるという政府の意図が透けて見える。理性的なデモを訴える若者は昨年のデモの最中にもいた。だが、彼らはその後政府によって尋問され、拘束された人もいる。当時は「理性」など公開の場で説いてはいけなかったのに、今は国家放送局の中央電視台がどうどうと「理性」を庶民に語らせているのだ。

 そうした中国政府の動きの一環として、安倍首相と習近平国家主席が握手したのは間違いないだろう。中国政府は口を滑らせた安倍首相の言葉の裏取りにやっきになる日本メディアにむっとしたらしいが、それでもゆっくりと、そしてやっと「あげた手を下ろし始め」ている。だが、政府が口を開けて語らない限り、それは公式の態度ではない。先を急いで有頂天になってぺらぺら調子に乗ってしゃべるやつは「軽いやつ」と見なされるのはどの世界でも同じだ。

「最初にゲンコツを振り上げ、強面で迫る」これは昔から中国政府の常套手段だ。無表情でその手の置所を探す中国側のこの無言の歩み寄りに、日本はどこまで重厚な態度を保てるのか。今は日本の外交姿勢も試されていると認識すべきだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング