中身なき中韓FTAでもあの食材が窮地に

ニューズウィーク日本版 / 2014年12月2日 16時37分

 先週、北京で行われた中韓首脳会談で両国間の自由貿易協定(FTA)が妥結された。しかし「自由」とは名ばかりで、農産物や自動車など互いの主力商品が関税撤廃の対象外になり、協定の効果はほとんどないとみられている。

 その一方で、このFTAを憂える声が韓国内で高まっている。伝統食材であるキムチが、FTAをきっかけに中国産に乗っ取られるかもしれないのだ。

 韓国では、地元の素材にこだわった各家庭オリジナルのキムチを、子供や孫の世代に伝えていく文化が根付いている。キムチは昨年ユネスコの無形文化遺産にも選ばれた。しかし、核家族化でそうした習慣は失われつつあり、若い世代はそもそも手間のかかるキムチ作りを嫌う。こうした背景から、最近は輸入された安価な中国産キムチが売り上げを伸ばしている。

 韓国は当初、キムチをFTAの対象品目から外すことを中国側に申し出たが、あえなく却下された。今後は大量消費される外食産業などを中心に安価な中国産キムチが増え、国産が危機に瀕するとの見方もある。

 韓国産キムチは本当に過去の「遺産」となるかもしれない。

[2014.11.25号掲載]
前川祐補(本誌記者)

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング