「ガンダム・バエル」にパステルシャドウを施してみた! エッジが際立つ仕上がりへ「重そうなのがすごく好き」「立体感が強調されてる」の声

ニコニコニュース / 2020年10月19日 11時45分

 今回紹介したいのは、逸楽エンカさんが投稿した『ガンダムバエルを全塗装してパステルシャドウ!【VOICEROID非実況】【紲星あかり】【ガンプラ】』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

今回は原石祭なるお祭りに参加してみました。ニコ動はこういったイベントがあって新鮮ですね。 実はバエルの前にクジャン家のデカールを貼った光沢仕上げのレギンレイズを作ったのですが、ボツになり急遽バエルを作ることになりました。最後のポージングのシーン辺りで登場させてもよかったかもしれません。


 『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』に登場するモビルスーツ、ガンダム・バエルを投稿者の逸楽エンカさんが全塗装します。

 後でパーツを外しやすくするためにダボを少し切り落として組み立てました。

 塗装前の基本工作をします。まずはアンテナをシャープ化。先端の安全基準フラッグを切り飛ばしました。

 モールドが浅い部分はスジ彫りを施します。

 フロントアーマーは別々に動かせるように切り離しました。

 パーティングラインは生かしておいてはいけないので根絶します。

 パーツを持ち手に取り付けました。いよいよ塗装です。

 まずは下地のサーフェイサー。

 最初はうっすらと、2回目以降はしっかり塗料を乗せていきます。

 フレームはガイアノーツのガンメタで。サフと本塗装をまとめてできます。

 塗り分けが必要なところはマスキングテープを使います。曲線用のマスキングテープが重宝しました。

 本塗装が終わったら部分塗装。

 エナメルで墨入れも。毛細管現象で墨が流れていく様子は見ていて楽しい作業です。

 仕上げにパステルシャドウ。腰の強い筆でパステルを乗せます。エッジを強調する方法の1つです。

 程よくメリハリがつきました。

 デカールを貼り、つや消しをしたら完成です!

 パステルシャドウで存在感の増したガンダム・バエル。バエルソードを構えるその姿に、「おーすごい」「随分と印象が変わるなあ」「装甲の立体感が強調されててかっけぇ」などの声が寄せられました。

 作業工程と完成作品に興味を持たれた方は、ぜひ動画もご覧ください。

視聴者のコメント

・いいないいな
・重そうなのがすごく好き
・MGやRGにも引けを取らない
・随分と印象が変わるなあ
・参考になった!
・はじめてガンプラ作る動画見たけど面白かった!

▼動画はこちらから視聴できます▼

ガンダムバエルを全塗装してパステルシャドウ!【VOICEROID非実況】【紲星あかり】【ガンプラ】

―あわせて読みたい―

オリジン版のシャア専用ザクⅡをオリジナルカラーで塗装! 差し色に赤を効かせた機体へ「最高かよ」「素晴らしい」の声

『鉄血のオルフェンズ』ガンダムキマリスのシリンダーを可動化! 隠し武器のドリルニーまで備えたガンプラ改造に「これはカッケェ」「良い!!」の声

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング