一風堂が本気で作った「とんこつまぜそば」を本気で食べてきた

おたくま経済新聞 / 2020年9月12日 12時0分

写真

一風堂が本気で作った「とんこつまぜそば」を本気で食べてきた

 ラーメンチェーン店「一風堂」は、9月11日から期間&杯数限定で、具だくさんの「とんこつまぜそば」を販売。「とんこつまぜそば」は、セブンイレブンで販売中の即席カップめん「セブンプレミアム 一風堂 とんこつまぜそば」を、実店舗用に一風堂が「本気で作ってみた」逸品。それを試食させていただけるとのことで行ってきました。

 「とんこつまぜそば」(税別890円/「温泉玉子」「白ごはん」「特製ふりかけ」付き)は、セブンイレブンで販売中の商品を、お客さんからの「一風堂店舗でも食べてみたい」という声を多くもらったことをきっかけに、一風堂が開発したメニュー。

 そんな商品を、一風堂のご厚意により、販売日当日に試食させていただけることになった筆者。ダッシュでお店に向かいました。お店の外には、すでにポスターが貼られ、店内に入って席に着くと、チラシが置かれていました。そして、そのチラシの裏には、「とんこつまぜそば」の美味しい食べ方が……!

 まずは、グルグルかき混ぜてシンプルにそのままズズッと味わう。次は、この「とんこつまぜそば」のために開発した特製ふりかけをパパッとかけて食べる。その後は、温泉玉子を投入。最後、残り少なくなったところで追い飯!

 そうこうしているうちに運ばれてきたのが、細いストレート麺の上に、細切れチャーシューやキクラゲ、辛もやしやオニオンフレークなどが、たっぷり盛り付けられた逸品。中央には、一風堂の人気メニュー「赤丸新味」に使われている辛味噌も添えられています。どこから見ても美味しそう……それでは、いただきます!

 最初は、かき混ぜてそのまま一口。豚骨スープや秘伝のかえし、背脂などを合わせた濃厚なタレに、辛味噌のスパイシーな刺激が加わり、美味い!バルサミコ酢を絡めたチャーシューや、キクラゲ&オニオンフレークの食感も良い仕事をしています。

 このまま食べ続けたいところですが、ここで香油のガーリックやオニオンチップなど、数種類のスパイスや調味料を混ぜ合わせた特製ふりかけをフリフリ。ふりかけをかけたくらいでそんなに味が変わるのかなぁ?と半信半疑でしたが、辛味噌のスパイシーな刺激がほどよくマイルドになり、味に深みが出たように感じます。個人的には、こちらのほうが好きです。

 続いて、温泉玉子をイン!トロッとした黄身と混ぜ合わせて口の中へ……。さらにまろやかになり、食べやすい!これに、ご飯を混ぜたら美味しくなるだろうな……と思ったら、ご飯がすぐそばにある!もはや筆者に選択の余地はありません。

 追い飯を丼に入れて混ぜ合わせて、あとは麺や具と一緒に、胃の中に放り込むのみ。これは最高の混ぜご飯の誕生ですね。ご飯は小盛りでしたが、混ぜてみると意外と量があって大満足。最後まで美味しくいただきました。ごちそうさまでした!

 「とんこつまぜそば」は、各店舗杯数限定での販売となり、なくなり次第終了。ちなみに、単品(税別790円/特製ふりかけ付き)で注文することも可能。また、プラス100円で麺を大盛りにもできますので、小食の人も大食いの人も、じゅうぶん楽しめるのではないかと思いますので、一度試しに食べてみるのも良いかもしれません。

取材協力:株式会社力の源ホールディングス

(取材・撮影:佐藤圭亮)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング