1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ビューティー

「若作り過ぎて痛いわ~」2021年春、40代が気をつけたい要注意トレンド

OTONA SALONE / 2021年3月18日 19時0分

暖かい日が続くと新しい春アイテムが欲しくなる今日この頃。数々のアパレルショップでも春のトレンド服がたくさん登場していますよね。多くは大人の女性が取り入れても問題がないトレンドばかりですが、なかには攻めた春アイテムも紛れ込んでいるので気をつけましょう。今回は2021年の春トレンド、40代が取り入れるのに注意したいアイテムをご紹介。

 

ティアードミニワンピ

昨年の春夏はロング丈のティアードワンピースが流行しました。段々とギャザーが重なった程よく甘めのデザインは大人の女性にも人気の高いアイテムとなりましたね。そこに加えて今年は、装いを新たにミニ丈のティアードワンピース・チュニック丈のティアードブラウスが流行の兆し。

丈が短いぶん、シルエットがコンパクトなのでとくに小柄さんに似合うスタイルが作れます。とはいえ、ミニ丈は大人の女性が取り入れるのには少々勇気のいるファッション。もちろん、好みは自由ですし脚に自信のある方なら着こなせるのかもしれません。とはいえ、ミニ丈という可愛らしさ、ティアードデザインの甘さがあいまって可愛いのゴリ押しファッションになりかねません。大人の顔立ちと一層のミスマッチを起こす可能性も。ワンピース単体ではなくパンツと組み合わせるなどして甘さ控えめにスタイリングすることをオススメします。

 

ニットベスト

冬に人気だったニットベスト。春は、素材をやや軽やかにした春のニットベストが20代30代を中心に流行中です。ざっくりとしたオーバーサイズのシルエットに、同じくインナーのシャツやカットソーもゆったりしたシルエット。楽ちんな装いだけれど重ね着をしているのでおしゃれ感もしっかりある。そうした、ゆるっとコーデがニットベストの人気に火をつけました。

とはいえ、このニットベストも40代の女性が取り入れるとなるとちょっと難しさが出てきます。というのも40代の女性がオバ見えする着こなしの原因こそがその「ゆったり感」だからです。顔立ちや体型に良くも悪くも馴染み過ぎてしまうため、カジュアルコーデがガチめのオバコーデに……。メリハリを作ったり、色合いでモード感を出したり工夫すれば取り入れてもOK。ただし、手っ取り早く失敗を防ぐという意味ではあえて取り入れないという方法が一番です。

 

ジャストサイジングな春アイテムはOK!

では逆に取り入れてOKなアイテムというのはどういうものか。先ほど、ゆるっとしたシルエットはオバみが増すとお伝えしましたね。なので、その反対にボディラインに程よくフィットするシルエットが大人の女性の品格を高めます。例えばリブカットソーや、今トレンドのメローニットなどは新たなファッションアイテムとして取り入れてOK!

ぜひ、避けるべきアイテムをチェックするのと同時に似合うトレンドアイテムも一緒に探してみてくださいね。

 

≪ファッションライター 角佑宇子さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング