青年海外協力隊・シニア海外ボランティアの応募受付を4/1より開始! 全国で「体験談&説明会」を開催中! ルー大柴氏を招いた特別企画も2回開催!!

PR TIMES / 2012年3月26日 16時49分



JICA(独立行政法人 国際協力機構)(本部:東京都千代田区 理事長:緒方貞子)は、青年海外協力隊・シニア海外ボランティア 春の応募受付を4月1日(日)から行います。併せて「体験談&説明会」を2012年3月25日(日)の桜木町を皮切りに5月6日(日)まで全国47都道府県の各会場で開催いたします。

■海外ボランティアに参加する事で得られる経験と能力は、その後の人生でも大いに活かされる!
                                 
JICAのボランティア事業は、「現地の人々とともに」という理念に基づいて行われています。国際協力の志を持った方々が、派遣された国の人々と共に生活し、彼らの言葉で話し、相互理解を図りながら、彼らの自助努力を促進させる形で協力活動を展開し、途上国の抱える課題の解決に貢献する事業です。そして、JICAのボランティア事業に参加する事で得られる経験や能力は多岐に渡り、帰国後の人生にも大いに活かされます。
2012年3月21日(水)にトレンド総研から発表された調査(1ヶ月以上の海外ボランティアを経験した男女310名を対象)によると、海外ボランティアで身に付いた能力として1位が「コミュニケーション能力」(75.5%)、2位が「異文化適応能力」(74.5%)、3位が「語学力」(53.2%)、4位が忍耐力(42.6%)という結果でした。
また、同調査では、海外ボランティアを経験した後に、どのようにその経験や能力が活かされているのか、についても聞いています。調査によると、「海外ボランティアで得た経験がその後の仕事に活かされている」と75.4%の人が回答し、就職活動・転職活動といった「キャリアステップにも役立った」と回答した人が72.3%いました。
以上の調査結果からも、海外ボランティアを経験した方々が多くの能力を身に付け、帰国後も仕事上やキャリアステップにその経験がきちんと活かされている事が分かりました。

■海外ボランティアに少しでも興味がある方は、JICAの「体験談&説明会」へ参加し、最初の一歩を踏み出そう! 
 
青年海外協力隊・シニア海外ボランティア 春の応募受付を4月1日(日)より開始します。それに併せて、「体験談&説明会」を2012年3月25日(日)から5月6日(日)まで全国47都道府県の各会場で実施します。
「体験談&説明会」の内容は、活動紹介ビデオ上映、JICAボランティアの制度についての説明、青年海外協力隊等経験者による体験談発表、JICA職員等による個別相談会など盛りだくさんです。(所要時間は約2時間)。また、会場内では要請の詳細情報等の資料閲覧も可能です。
※「体験談&説明会」の内容は会場により異なる場合があります。
 海外ボランティアに少しでも興味がある方は、最初の一歩として是非、足を運んでみてください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング