大会史上初、関西にて全国大会開催が決定 【文部科学大臣杯】スズキジャパンカップ2012 第29回全日本エアロビック選手権大会 全国大会:12月23日(日) ベイコム総合体育館(兵庫県尼崎市)にて

PR TIMES / 2012年7月18日 11時48分



 社団法人日本エアロビック連盟(東京都品川区、理事長:知念かおる)は、エアロビック日本一を決定する「スズキジャパンカップ 2012 第29回全日本エアロビック選手権大会」の全国大会をベイコム総合体育館(兵庫県尼崎市)にて2012年12月23日(日)に開催します。
 スズキジャパンカップは、今年で29回目の開催を迎える日本で最も歴史あるエアロビックの大会です。昨年の第28回大会では、 「みんなでがんばろう日本!」、「伝えようエアロビックの力を!」のテーマのもと、東日本大震災で被災に遭われた方に元気を与えることを目標に開催。総勢192名の選手が参加し、男子シングルでは諏訪部和也選手(茨城県つくば市出身)、女子シングルでは、武内麻美選手(神奈川県茅ケ崎市出身)が優勝し大盛況の内に幕を閉じました。
 第29回大会は、より多くの方にエアロビックを楽しんで頂けるように大会の観覧料金を無料とし、さらに大会史上初めて関西にて全国大会を開催いたします。また、全国大会には、9月より全国6地区(北海道、東北、東日本、中部、西日本、九州)にて順次開催する地区大会を勝ち抜いた選手が出場いたします。今年、諏訪部選手(大会3連覇)と武内選手(大会6連覇)が引退を表明。第29回大会は、日本のエアロビック界を牽引してきた両選手に代わる新たなヒーロー、ヒロインが誕生する大会となります。
 社団法人日本エアロビック連盟は、本大会を通じて選手の演技で感動を届け、スポーツとしてのエアロビックの普及、振興を目指します。

【大会概要(地区大会・全国大会)】
■大会名:スズキジャパンカップ2012 第29回全日本エアロビック選手権大会
■主催:社団法人日本エアロビック連盟(JAF=Japan Aerobic Federation)
■主管:北海道エアロビック連盟、宮城県エアロビック連盟、仙台市エアロビック連盟、NPO法人東京都エアロビック連盟、愛知県エアロビック連盟、兵庫県エアロビック連盟、福岡県エアロビック連盟
■後援:文部科学省、尼崎市、尼崎市教育委員会、公益財団法人尼崎市スポーツ振興事業団、公益財団法人日本体育協会、尼崎市体育協会、財団法人日本体操協会、スズキ株式会社、株式会社NHKグローバルメディアサービス
■協賛:東京海上日動火災保険株式会社、株式会社ウェザーコーポレーション、株式会社おとやトレーディング、ベンゼネラル株式会社AVIA、凸版印刷株式会社、株式会社スマートデザイン
■協力:北翔大学、日本工学院八王子専門学校
■観覧:地区大会/全国大会 観覧無料
■テレビ放送:NHK BS1にて放送予定

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング