フィリピン洪水 ジャパン・プラットフォーム出動決定

PR TIMES / 2012年8月10日 17時47分

特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(東京都千代田区、/以下、JPF)は、フィリピン共和国における洪水被災者に対し、3,000万円、対応期間1ヶ月の緊急支援を実施することを決定しました。
 
フィリピンでは、台風9号(サオラー)とその後のモンスーンの豪雨による洪水被害がマニラ首都圏に広がり、被災者は全国で240万人以上に上っております。(2012年8月10日現在)。
 
この決定を受け、JPF加盟NGOのうち数団体が支援活動の準備を始めております。
今後の状況につきましては、随時ホームページ等でご報告させていただきます。
 
皆さまのご支援をお待ちしています。

■フィリピン洪水被災者支援2012 事業支援金口座■
銀行名: 三菱東京UFJ銀行
支店名: 本店
口座種類: 普通
口座番号: 0212719
口座名義: 特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
口座カナ: トクヒ)ジャパンプラットフォーム

※三菱東京UFJ銀行様のご厚意により、三菱東京UFJ銀行本支店・ATMからの振込手数料は無料です。
※口座は2012年8月13日より使用可能です。
※口座開設期間は現時点で、8月末までを予定しております。

■ジャパン・プラットフォームについて 
特定非営利活動法人(認定NPO法人)ジャパン・プラットフォーム(JPF)は、NGO・経済界(経団連、企業など)・政府(外務省など)が連携し、迅速に効率的な国際・国内緊急支援が行えるよう、NGOをサポートする中間支援団体です。2000年設立時より、総額219億円、755事業、支援対象国・地域37(2012年3月現在)を対象に、緊急人道支援を提供してまいりました。また助成対象となる30以上の参加NGO団体とは、情報共有を行いつつ、共に支援プロジェクトをつくりあげ実施しています。同時に、総額68億円以上のご寄付をいただいた東日本大震災支援では、参加NGO団体のみならず、被災地を支援するNGO/NPOへの支援も行っています。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング