マリンソフトウェアが日本支社を開設 グローバル企業のマーケティング担当者向けに、 日本国内およびグローバル展開におけるデジタル広告の管理プラットフォームを提供

PR TIMES / 2012年9月12日 14時7分

2012年9月12日東京都-広告主と広告代理店向けに、デジタル広告の管理プラットフォームを提供するマリンソフトウェア(米国サンフランシスコ)は、日本法人のマリンソフトウェア株式会社(東京都千代田区)を設立し、本日より日本支社を開設します。

日本支社では、マリンソフトウェアのアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、シンガポール、さらにオーストラリアなどの各支社と連携して、マリンソフトウェア製品の国際展開を拡大していきます。

なお、日本支社の開設に合わせて、池田智幸(いけだともゆき)を日本支社の代表取締役として採用したことをお知らせします。

■マリンソフトウェアの特長
・マリンソフトウェアは、日本のマーケットで広告主や広告代理店により良いサービスを提供するため日本支社を開設します。

・池田智幸は、日本支社の代表取締役に就任します。池田は、前職のアドビ システムズではScene7のアカウントエグゼクティブを勤めていました。その前は、オットージャパンにてEコマース部の部長として勤務、さらにそれより前はオーバーチュアのシニアマネージャーとして働いていました。

・マリンソフトウェアでは、海外支社の拡大を通じて世界の何百ものブランドや広告代理店のオンラインの広告展開を支援してきました。

・マリンソフトウェアは、現在、世界中に1800を超える顧客を有し、年間で約40億米ドルのオンライン広告を、広告管理プラットフォームを通じて運用しています。マリンソフトウェア製品のテクノロジーは、広告主や広告代理店の広告費の改善、広告を管理する時間の節約、そして効果的な広告運用に貢献します。

・マリンソフトウェアの広告管理プラットフォームは、Google、 Yahoo! JAPAN、 Bing、 Baidu、 Facebook、 さらにCriteoなどのグローバルな検索エンジンをはじめとするパブリッシャーを、26の通貨で管理運用しています。ブランドや広告代理店はより効果のある分析や管理、広告プログラムの最適化が可能となります。

■コメント
・「顧客の検索マーケティングのパフォーマンス向上と、効果的・効率的な運用の実現は、当社の最重要事項のひとつです。当社ではマリンソフトウェアの広告管理プラットフォームを顧客に提供しており、マリンソフトウェアは非常に重要なパートナーです。マリンソフトウェアの広告管理プラットフォームを通じて、GoogleやYahoo! JAPANなどの各チャンネル上で展開するマーケティング活動を最適化し、さらに各サイトの情報源から関連性のあるデータを統合することにより、顧客のマーケティングの効果を測定し、その効果をもとに最適な展開方法を導き出すことが可能です」-株式会社アイレップ代表取締役社長CEO 紺野俊介 氏

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング