日本人研究者のための戦略的な論文出版プランニング・ワークショップ

PR TIMES / 2012年11月13日 10時29分

論文投稿サポートのエディテージは、2012年12月1日および2日の両日、東京と大阪にて、『受理される論文投稿の要件ワークショップ』と題した1日完結型ワークショップを開催いたします。講師として、学術論文出版の国際的権威エリザベス・ウェイガー氏(Elizabeth Wager)をイギリスより招きます。



プレスリリース

                                              2012年11月13日
                                  カクタス・コミュニケーションズ株式会社


論文投稿サポートのエディテージ、日本人研究者のための戦略的な論文出版プランニング・ワークショップを開催


論文投稿サポートのエディテージは、2012年12月1日および2日の両日、東京と大阪にて、『受理される論文投稿の要件ワークショップ』と題した1日完結型ワークショップを開催いたします。講師として、学術論文出版の国際的権威エリザベス・ウェイガー氏(Elizabeth Wager)をイギリスより招きます。


世界の論文出版競争が熾烈を極める中、日本の研究者による論文投稿および出版の数は過去数年伸び悩んでいます。その原因の一つとして、論文の内容と合致しないハイレベルなジャーナルを投稿先として選んでしまう日本人研究者の傾向をあげることができます。戦略的な投稿プランニング力の弱さに起因するこのミスマッチが、リジェクト率を上げる要因になっています。


論文をその内容と質に見合った妥当なレベルのジャーナルに、スピーディーかつ確実に掲載するためには、投稿プロセスをしっかり把握し、ジャーナルの選定から投稿規定の調査、リジェクト理由の理解、実際の執筆、英文校正、そして投稿後のジャーナルとのやりとりまでを、綿密に戦略立ててプランニングすることが必要不可欠です。


今回のワークショップでは、ジャーナル編集者、メディカルライター、学術出版指導のプロであるエリザベス・ウェイガー氏が、論文を出版するために求められる戦略的な投稿プランの方法を実践的にトレーニングします。


またとない貴重な機会です。ぜひご参加ください。


【ワークショップ詳細・お申し込み】

■テーマ 「受理される論文投稿の要件ワークショップ ~戦略的な投稿プランの重要性~」


■会場・日時 
<東京会場>
2012年12月1日(土)10:30~17:30
東京21cクラブ(東京都千代田区丸の内1丁目5番1号 新丸の内ビルディング10階)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング