販売目標の約2倍を記録 老舗が生んだ新しい和菓子「ささらがた」 発売2週間で15万本突破

PR TIMES / 2012年12月27日 11時34分



株式会社 両口屋是清(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:篠田尚久)は、創業370余年を誇る名古屋の和菓子の老舗「両口屋是清」において、2012年11月1日に新発売した手のひらサイズの小豆菓子「ささらがた」が、発売2週間で15万本を売り上げ、当初目標としていた週間4.2万本の2倍近くの出荷を記録したことをお知らせいたします。現在全国110店舗で販売しており、入荷してすぐに完売する店舗が続出するなど、大変ご好評いただいております。

「ささらがた」は、大納言小豆や白小豆などいろいろな小豆とともに、和三盆、黒糖、抹茶、和の恵みをふんだんに使い、珠玉のひとくちを演出する5種と季節限定1種の棹菓子(*1)です。
ライフスタイルの変化からか、お客様から小さいサイズの「おいしい和菓子」を、というお声を頂くようになり、3年の様々な試行錯誤を重ねて、小さいながらもしっとりした風合いを実現したのが「ささらがた」です。パッケージはオフィスやご家庭でも手を汚さずお菓子がそのまま召し上がれるように工夫いたしました。価格(税込)は5個入1,050円、10個入2,100円、15個入3,150円です。
2012年11月1日の新発売以来、本店では多い日には1日に1,200本を15時前に完売するなど、40~50代女性を中心に大変ご好評を頂いており、発売2週間で15万本の販売を記録いたしました。
サイズを小さくしたことで、お一人様で召し上がっていただくのに丁度良い大きさとなったことや、持ち運びが可能となり利用シーンの幅が拡がったこと、さらに単価も800円から200円へと下がり棹菓子に対するハードルを低められたことなどが好調の要因ではないかと考えられます。
老舗の味を一口に込めた「ささらがた」をこれからもご愛顧いただけますと幸いでございます。

*1・・・棹菓子:羊羹などを作る場合、舟と呼ばれる容器に生地を流して固めます。舟には棹が必要と言うことから、棒状の長いお菓子を棹菓子と呼ぶようになりました。棹菓子はお好みの大きさで切ってお召し上がりいただくのも特徴の1つです。両口屋是清の棹菓子は、四季折々の種類を豊富に取りそろえており、多くのお客様からの支持を頂いております。
 

◇商品概要◇
商品名:『ささらがた』
価格(税込):1,050円(5個入)
2,100円(10個入)
3,150円(15個入)
発売日:2012年11月1日(木)
販売:直営店および主要百貨店 ※販売店に関する情報はHPをご参照ください
賞味期限:30日間
通信販売:http://www.sasaragata.com/
種類:【紅つぶ】高級品種の白小豆を練り込んだ羊羹
【抹茶】豊かな抹茶の香りが広がる羊羹 
【大納言】大納言小豆のふくよかな香り広がる羊羹 
【白小豆】白小豆を贅沢に使った口どけの良い羊羹 
【黒糖】黒糖のほのかな香り広がる羊羹

<商品に関してのお問い合わせ>
両口屋是清本社:0120-052062
HP:http://www.ryoguchiya-korekiyo.co.jp/

【会社概要】
会社名:株式会社 両口屋是清
創業:寛永11年(1634)
設立:昭和9年
資本金:2億円
本社:愛知県名古屋市中区丸の内三丁目14-23
代表者:代表取締役社長 篠田尚久
事業内容:和菓子の製造、販売
店舗:名古屋、東京、大阪、その他に約110ケ所
URL:http://www.ryoguchiya-korekiyo.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング