TIC東京(ツーリストインフォメーションセンター)で 宮城県蔵王町特産品展を開催

PR TIMES / 2013年1月9日 9時19分

2013年1月9日(水)~11日(金)開催

宮城県蔵王町地域ブランド普及促進協議会では、宮城県蔵王町の豊富な農産物を資源とした蔵王町の六次産業化を目的とした活動を行っております。その一環として平成25年1月9日から1月11日までの3日間、東京駅日本橋口に隣接しておりますTIC東京にて宮城県蔵王町の特産品展を開催致します。



宮城県蔵王町地域ブランド普及促進協議会(事務局:東京都品川区、会長:伊達美和子)は、農林水産省の補助事業「地域ブランド活用観光促進事業」を受託し宮城県蔵王町の豊富な農産物を資源とした蔵王町の六次産業化を目的とした活動(宮城県蔵王町地域ブランド普及促進協議会)を行っております。その一環としまして平成25年1月9日から1月11日までの3日間、東京駅日本橋口に隣接しておりますTIC東京にて宮城県蔵王町の特産品展を開催致します。

蔵王町では地域の特色を生かした新ブランド牛“蔵王爽清牛”が誕生しました。
仙台コカ・コーラボトリング(株)蔵王工場で製造される爽健美茶の茶殻と、(財)蔵王酪農センターで製造される「蔵王チーズ」製造過程でできる良質のホエイ(乳清)を飼料に育てられたヘルシーなお肉です。イベント中はこの蔵王爽清牛の紹介を行いながら、イベントブースにおいて宮城県を代表する名産品である「蔵王チーズ」の試食や「蔵王爽清牛キーマカレー」などの販売を行います。お気軽にお立ち寄りください。


【TIC東京イベントスペース出展の詳細】

■イベント期間
 2013年1月9日(水)から1月11日(金)まで

■時間
 10時分から17時まで
 ※1月9日のみ10時30分開始

■イベント実施場所
 丸の内トラストタワーN館前 イベントスペース(屋外)
  住所:東京都千代田区丸の内1-8-1
     (JR東京駅日本橋口、東京メトロ大手町駅徒歩1分)


【蔵王爽清牛とは】

蔵王産エコフィードを食べ、安全・安心な品質管理のもとで育った蔵王の新しいブランド牛です。脂肪分は控えめでヘルシーであり環境にも優しい牛です。
農林水産省は一次産業である農業、二次産業の加工業、三次産業の流通・サービス業を組み合わせた「六次産業」を推進しており、蔵王爽清牛についてはその六次産業化にマッチした牛と言えます。

※蔵王エコフィードとは・・・仙台コカ・コーラボトリング(株)蔵王工場で製造される「爽健美茶」の茶殻と、蔵王チーズの製造過程でできる良質なたんぱく質を豊富に含んだチーズホエイ(乳清)を原料にした、環境負荷の小さい飼料です。飼料の自給率向上の観点から農林水産省も積極的に推進しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング