~子供用紙おむつの購買理由~売れ筋5ブランドで全体の89.0%を占める!「同じブランドをいつも購入」が56.5%!

PR TIMES / 2013年6月6日 11時0分

フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業として、2013年2月1日にサービスを開始した購買理由データ提供サービスのデータをもとに購買理由に関する分析レポートを報告します。
対象は、食品、飲料、日用品、医薬品、化粧品などの消費財商品約40カテゴリー。2013年6月5日時点で、購買理由データ数183,796件、会員数32,117名です。
本リリースでの分析レポートの購買対象期間は2013年4月29日~6月2日、分析対象カテゴリーは「子供用 紙おむつ」で実施し、全国を対象に775データ(男性:157人、女性:618人)の回答を基に分析しました。




◆主要5ブランドで全体の89.0%を占める
 購入レシートデータ数の多かった10ブランドを週別に並べました。


対象期間内の子供用紙おむつの購入は全体で775レシートでした。その内上位5ブランドで690レシートとなり、全体の89.0%を占めました。ブランド別にみると、1位パンパース(P&G)が189レシート、2位マミーポコ(ユニ・チャーム)が178レシート、3位ムーニー(ユニ・チャーム)が138レシート、4位メリーズ(花王)が96レシート、5位グ~ン(大王製紙)が89レシートとなりました。子供用紙おむつの購入が売れ筋ブランドに集中していることがわかります。


◆専門店での購入が15.7%を占める


子供用紙おむつの購入場所(業態)については「ドラッグストア・薬局」が52.9%、「総合スーパー、食品スーパー」が23.2%、「ディスカウントショップ、その他専門店」が15.7%、「ホームセンター」が8.1%となりました。 「セールをしていてオムツがいつもより安かった。一つしか買わない予定だったがセット値引きがあるので2つ買った(30代・既婚男性・ドラッグストアで購入)」など、日用品の中でも毎日消費される商材であることから「価格の安さ」や「セール・割引」が行われている業態での購入が多くを占めています。また、「ディスカウントショップ、その他専門店」が15.7%と高かった理由としては「アカチャンホンポ」や「西松屋」など赤ちゃん・子供用品専門店の割合が高くなっており、このカテゴリー特有の購買特性が表れていました。


◆ブランド別の購入理由で特徴の違いが明らかに 

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング