花粉対策で陥りやすい落とし穴を検証!最大の盲点は、“掃除機かけ”だった!?

PR TIMES / 2014年2月12日 14時5分

~排気やゴミ捨てなど、2度目の飛散に要注意~



例年2月頃に始まり、3月にピークをむかえる花粉症。今年もその季節がやってきました。
一般財団法人日本気象協会の発表(2013年12月4日発表 第2報)によると、関東甲信越地方では、
2月中旬~3月上旬に飛散が開始。例年より飛散量は少なくなると予測されているものの、春の花粉飛散量はここ10年間でおよそ2倍に増加しており、毎年花粉に苦しめられている方は、油断せずに十分な対策を取ることが大切です。
スウェーデン生まれの100年ブランド、世界最大級の掃除機メーカーであるエレクトロラックスは、
この度、家の中に持ち込まれる花粉を可視化する実験※を2014年2月3日(月)に実施。陥りがちな花粉対策の盲点と、対策のためのお掃除ポイントをご紹介します。また、花粉対策に効果的な当社製品「エルゴスリー」「エルゴラピード」の特長も紹介いたします。
※花粉と同サイズで疑似花粉として用いられる粒子「石松子」を使用。

【花粉対策の知られざる盲点】
盲点1 空気清浄機は床に溜まった花粉の除去に弱い!
花粉は床に落ちやすい性質を持っています。
屋内の花粉対策に活用されている空気清浄機ですが、床に落ちてしまった花粉を取り除くのには不十分であることが分かりました。

盲点2 掃除機をかけても排気やゴミ捨て時に花粉が逃げていく!
床に溜まった花粉を掃除機で除去しても、掃除機をかけている時に出る排気から、除去したはずの花粉が漏れてしまうことがあります。
花粉を確実に取り除いた後、排気やゴミ捨て時に漏らさないことが重要です。

盲点3 衣服に付いた花粉は手で払い落とすだけでは不十分!
衣服に付着した花粉を手で払い落とそうとすると、むしろ花粉を飛散させてしまうことがあります。まずは、徹底して屋内に花粉を持ち込まない対策が必要です。

<盲点1 /空気清浄機は床に弱い!?床に落ちた花粉が悪さをする!!>
●対策の盲点●
スギ花粉がピークの時期には、屋外に1時間いるだけで衣服には約8万個の花粉が付着すると言われており、衣服に花粉が付着したまま屋内に持ち込まれるケースが多くみられます。
そこで、近年屋内の花粉対策として注目されているのが空気清浄機。屋内で空中に舞いあがっている花粉を除去するのに効果的ですが、実は花粉対策としてはこれだけでは不十分でした。
実験では、空気清浄機で床に撒かれた花粉(石松子)がどのくらい除去できるかを試してみました。
空気清浄機のモードを<オート>と<強>でそれぞれ稼働してみたところ、 <オート>ではほとんど変化が見られず、<強>でも床の花粉(石松子)が多少動いていることが見て取れる程度で、花粉の除去には至りませんでした。【図1】

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング