気候変動キャンペーンの情報発信拠点「Fun to Shareラウンジ」(第2期)を8月4日(月)から開設 

PR TIMES / 2014年7月31日 14時3分

~「技術の力」で、低炭素社会へ~ 気候変動等に対応する新しい技術や製品、取組を紹介

環境省は、地球温暖化対策のため、豊かな低炭素社会づくりに向けた知恵や技術を、みんなで楽しく共有し発信する、気候変動キャンペーン「Fun to Share」を今年3月からスタートしました。
その施策の一環として、「Fun to Share」の情報発信拠点「Fun to Shareラウンジ」(第2期:8月4日~8月15日)を開設しますので、その詳細についてお知らせいたします。




1.「Fun to Share ラウンジ」(第2期) 実施概要

【期 間】平成26年8月4日(月)~8月15日(金)  10:00~20:00
【場 所】JPタワー・KITTE地下1階「Tokyo City i(東京シティアイ)」(東京都千代田区丸の内2-7-2)
【主 催】環境省
【内 容】賛同企業・団体や地域(自治体)による豊かな低炭素社会づくりに向けた独自の知恵や技術、取組を一堂に集め、自由に触れることができる製品展示やパネル展示等、体験型のコンテンツを提供するほか、期間中ミニワークショップやメディアと連携したイベントを実施します。
【展示テーマ】「技術の力」で、低炭素社会へ
気候変動(地球温暖化)に対応する新しい技術や製品、取組を紹介するほか、今身近に起こっている異常気象に適応する新しい技術・製品等を紹介します。

2.期間中のイベントについて

(1)「WONDER VISION」(J-WAVE 81.3FM)公開収録
【日 時】8月6日(水) 19:00~19:30(18:30開場)※予定
【内 容】ヴァイオリニストの葉加瀬太郎氏をゲストに招いての公開収録。葉加瀬氏から、アコースティックサウンドにこだわって収録したニューアルバム『Etupirka~Best Acoustic~』(当日リリース)を御紹介していただくほか、地球温暖化防止についてのメッセージ等を発信します。
【出演者】MC:平井理央(J-WAVE「WONDER VISION」ナビゲーター)  ゲスト:葉加瀬太郎

(2)ミニワークショップ
【内 容】期間中、毎日数量限定で間伐材を使用したうちわ(1枚につき1円が森林支援になる、カーボン・オフセット付き)を各日2回、枚数限定で希望者に配布し、片面に自由に絵を描いて持ち帰っていただくミニワークショップを実施します。夏休みの自由研究として活用していただけます。
配布時間:11:00~、15:00~  配布枚数:各回40枚限定

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング