「ぼっち終活」6割のシニアに“待った”! 生前墓「相談して欲しい」子世代が72.0%!

PR TIMES / 2014年8月11日 10時16分

~ 日本初の墓石ネット専門店「お墓まごころ価格.Com」調べ 【最新“終活”事情】 ~



 【調査結果トピックス】
● シニア5割が終活を始めている(意向まで含めると85.7%!)
● 6割が「独りで」終活、子世代6割は「話して欲しい」! 生前墓「相談して欲しい」子世代が72.0%!
● 購入者ですらよく分からない墓石価格相場、納得感を持てた人はわずか2割
● お墓の終活検討者64.4%が「墓石のネット通販も選択肢に」 求める条件は信用・保証
● 《参考情報》 墓石をネットで買う人が増えている?! お墓のネット専門店利用者が年々増加!

 株式会社まごころ価格ドットコム(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石井文子)が運営する、日本初のお墓ネット専門店「お墓まごころ価格.Com」は、2014年8月のお盆前に最新の“終活”事情を調べるべく、シニア層(60~70代男女)300名と子世代(30~50代男女)300名の計600名を対象に、終活とお墓に関する意識調査を行いました。


 調査結果によると、シニア5割が終活を始めており、最も実践率が高いのが「お墓を建てておく(決めておく)」の38.3%でした。(実際、当社に頂くご注文の約15%にあたるお客様が生前に墓石を建立されています。)

 6割が「独り終活」の意向を示す一方で、親が生前墓を建てるとしたら「相談して欲しい」子世代が72.0%に上るなど、シニア世代と子世代との間には終活をめぐるミスマッチが起きていることが明らかになりました。

 また、購入者の3人に1人は墓石価格の相場もよく知らないまま買っており、納得感を持てた人はわずか2割という墓石価格の問題が浮き彫りになる中、墓石のネット通販も選択肢に入ると64.4%の人が答えるなど、墓石購入の選択肢も広がりを見せています。

 日本初のお墓ネット専門店「お墓まごころ価格.Com」では2010年のサービス開始以来、実績数を伸ばしており、墓石ネット購入者が広がってきていることを感じています。今回の調査結果から、家族とのコミュニケーションを交えた終活が求められていることが明らかとなる中、「お墓まごころ価格.Com」ではこれまでも、ご本人とご家族がカタログを眺めながら談話し、一緒にお墓選びをするスタイルを推奨してきました。ご家族が集まるお盆をひとつの機会に、まずはお墓についてご家族でお話ししてみませんか?


日本初のお墓ネット専門店「お墓まごころ価格.Com」 http://hakamago.com/

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング