個人向け総合セキュリティ製品の最新版、「カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ」販売開始

PR TIMES / 2014年10月6日 14時24分

~ Webカメラののぞき見や、身代金要求型ウイルスによるファイルの暗号化など、多様化するネットの危険に対応 ~

Webカメラののぞき見や、身代金要求型ウイルスによるファイルの暗号化など、多様化するネットの危険に対応。年数やデバイスの台数に応じ、ライフスタイルに合わせた最適な製品を選択していただけます。



情報セキュリティソリューションを提供する株式会社カスペルスキー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川合林太郎)は、Windows、Mac、Androidに対応する個人向け総合セキュリティ製品の最新版「カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ」を、2014年10月9日(木)より店頭とオンラインストアで販売を開始します。

新しいオンラインサービスやデバイスが充実し、デジタルライフが便利になる一方、それを狙うサイバー犯罪も深刻化しています。ネットショッピング詐欺や Web カメラののぞき見、オンラインバンキングの不正送金、またPC内のデータを暗号化し、その解除のために金銭を要求する身代金要求型ウイルスといった、さまざまな脅威が人々の生活をおびやかしています。

カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティは、ウイルス感染だけでなく、危険サイトや凶悪化するサイバー犯罪といった、あらゆる脅威からユーザーを守る総合セキュリティ製品です。Webカメラののぞき見防止や無線LAN安全診断などの新機能に加え、ウイルスによるファイル改ざんの復元、ネット決済時の保護などの機能を強化しました。

最新版では、ライフスタイルに合わせた最適な製品を選択していただけるように、年数やデバイスの台数に応じた幅広いラインナップを用意しました。

■ カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティに含まれるアプリケーション
・カスペルスキー インターネット セキュリティ(Windows版)
・カスペルスキー インターネット セキュリティ for Mac(Mac版)
・カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android(Android版)

■ 各アプリケーションの主な新機能と強化のポイント

【カスペルスキー インターネット セキュリティ(Windows版)】
新機能
・Webカメラのぞき見防止
PCのWebカメラが遠隔操作で悪用されることを防ぎます。プログラムがWebカメラを利用する際にはポップアップウィンドウで通知し、アクセスをブロックする際はワンクリックで実行できます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング