佐賀県「有田焼」で作られた世界に一つだけの“クリスマスツリー”がシュランガイドで2つ星を獲得した日本料理の名店「寿修(じゅしゅう)」西麻布にて採用!

PR TIMES / 2014年12月17日 19時17分

放送作家・小山薫堂氏が企画・監修 BS朝日「アーツ&クラフツ商會」の放送第3回目で紹介



 株式会社ビーエス朝日(代表取締役社長 風間 建治 以下、BS朝日)は、放送作家の小山薫堂氏を企画・監修として迎え、毎回1つの伝統工芸の技に注目し、その伝統工芸を現代のライフスタイルの中にあるアイテムと組み合わせた新しいサンプル品作りに挑むテレビ番組「アーツ&クラフツ商會」(BS朝日 毎週月曜日23:00~23:30) を11月3日(月)よりスタートさせました。
昨今、住まいの環境は、地球に負荷をかけないスマートハウスの普及、住宅ローン金利の低水準、国土交通省による中古住宅の建物評価手法の新しい指針策定などの動きがあり、住まい・生き方への価値観が変化し、転換期を迎えています。
 そのような中、長く住み続けられる家、そして将来ライフステージが変化したときにも対応できる家を提供し続けてきたセキスイハイムのサポートの元、本番組は開始しました。
 第3回目の放送にて紹介された、『有田焼のクリスマスツリー』は、約400年の伝統を誇る佐賀県有田町で作られる「有田焼」を使用した1品。内側からの光が透かし彫りの雪の結晶を浮かび上がらせる淡い緑色が美しい“クリスマスツリー”です。さらに装飾としての用途の他に実用的な部分もあります。すそと先端を分解でき、すその部分はシャンパンクーラーとして、先端はグラスとして使用が可能です。斬新なアイデアとやわらかな風合いで、ダイニングに安らぎをもたらしてくれます。
 この美しい風合いが魅力で、世界に一つだけの『有田焼のクリスマスツリー』がミシュランガイドで2つ星を獲得し、有田焼とも縁のある佐賀県出身の先崎真朗さんが店主を務める日本料理屋「寿修(じゅしゅう)」西麻布にて採用が決定しました。お食事を楽しむお客様をもてなす店内の装飾品として12月17日(水)~12月25日(木)のクリスマスシーズン限定で、店内に展示します。この機会に、世界に一つだけしかないこの『有田焼のクリスマスツリー』をぜひご覧ください。
 今後も、「アーツ&クラフツ商會」では、現代の住まいの中で伝統工芸を活かすコラボレーション企画を実施予定です。

「寿修」西麻布の店主・先崎真朗様コメント:
 「出身が佐賀なので、有田や唐津には思い入れがあります。有田焼きでクリスマスツリーという発想には驚きましたが、現代にもマッチした素晴らしい出来栄えだと感心しています。クリスマスシーズンということもあり、お客様にも喜んでもらえると思い、今回展示させていただくことにしました。来店されたお客様にはシャンパンクーラーとしても使っていただこうと考えています。」

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング