全てのマッチングで獣医師による事前健康検査と処置を行い、安心の譲渡をサポート 獣医師賛同の保護犬・保護猫譲渡サイト『anifare (アニフェア)』2019年12月2日オープン

PR TIMES / 2019年12月2日 13時25分

~繁殖引したシニア犬猫を60 代以上の里親希望者にも譲渡していく‟シニア for シニア”も展開~

https://anifare.jp/



株式会社MILLE( 東京都渋谷区、代表取締役 原田康隆 以下:MILLE)は、保護犬・保護猫譲渡事業として、獣医師賛同の里親募集サイト「anifare (アニフェア)」を2019 年12 月2日にオープンしました。

本サービスは、保護犬・保護猫をお迎えしたいとお考えになり、探す段階からサポートを行い、悩みや不安を飼い主様 (以下:ペットペアレント)と話し合い、解決しながら譲渡をサポートするサービスです。ペットペアレントの環境に沿いながら最適なマッチングをご提案させていただくとともに、お迎え時にはサポート動物病院で健康検査と処置を獣医師が行います。ワクチン接種やマイクロチップ装着、視診・聴診・触診による基本的な健康検査、検便・血液検査等を通して、正確な健康情報を共有することが可能になります。
また、獣医師が推薦するごはんセット、保護犬・保護猫用のペット保険も提供。これらのサポートにより、譲渡後にペットペアレントが、終生まで安心して暮らせるようなサポート体制を強化することができます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/51983/1/resize/d51983-1-915407-0.png ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/51983/1/resize/d51983-1-725198-1.png ]


                     ~シニア for シニア~
anifare では保護犬・保護猫の他にブリーダー引退犬や引退猫のシニア犬、シニア猫の譲渡推進を図ります。
これにより、犬・猫の環境改善に貢献し、新しく家族として迎えられ、セカンドライフを幸せに暮らす子を増やしていきます。その中で、anifare では譲渡年齢の制限を緩和し、経験豊かなシニア世代にも積極的に譲渡をしていくことで、動物の幸せはもちろん人の幸せも同時にサポートしていきます。

                   ~サポート病院をさらに拡大~
anifare のサポート動物病院は、現在関東エリアを中心に約150 病院を超えました。今後は全国に提携ネットワークを拡大させていき、ペットペアレントが保護犬・保護猫と終生添い遂げる為に必要なサポート体制を、獣医師主導で構築していきます。

                     ~「anifareの想い」~
anifare とはアニマルウェルフェア(animal welfare)を意味します。アニマルウェルフェアとは動物福祉のことで、動物の主観的経験(痛み、苦しみ、喜びなど)、生物的機能性(健康状態、ストレスなど)、本来の主観的経験 (行動上のニーズなど)の観点から、動物にとってなにが幸せかというニーズを考えることを示します。私たちはアニマルウェルフェアに沿った考えのもと、保護犬・保護猫・ブリーダー引退犬・ブリーダー引退猫などの様々な環境にいる犬・猫の里親を募集し、一頭でも多くの子に家族を作っていきたいと思っています。また、保護犬・保護猫、ブリーダー引退犬、ブリーダー引退猫のことを‟foster dog/foster cat” として関心の輪を広げ、私たち anifare の活動の幅も広げていきたいと思っています。

株式会社MILLE 広報担当 冨塚
TEL 03-6456-2990 FAX 03-6456-2991
MAIL pr@mille-i.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング