コロナ禍での事業者支援を推進。ドローンで地域の魅力を発信する「華飛」とマイクロドローン空撮を行う「WHOOT」が業務提携。

PR TIMES / 2020年9月30日 11時45分

ドローンを用いて地域の魅力を発信している株式会社華飛は、マイクロドローンなどの空撮事業を行う株式会社WHOOTと業務提携を行います。それに伴い、コロナ禍において地域の事業者をサポートする対応を実施。オンラインでの配信や、プロモーションへご活用いただけるコンテンツの撮影支援を開始致しました。



■マイクロドローン撮影で届けられる魅力

[画像1: https://prtimes.jp/i/66777/1/resize/d66777-1-707737-0.png ]

マイクロドローンは室内の撮影に適した機体で、通常のカメラとは異なった視点で空間の魅力を伝えることができます。株式会社華飛では、これまで日本各地の魅力を効果的に伝えるための企画作り、ドローン空撮、地上撮影を含めたプロモーション映像の作成を実施。そしてこの度、マイクロドローン撮影専用の届出を取得している株式会社WHOOTと業務提携により、屋内施設のコンテンツ制作も可能となりました。会社紹介に用いるオフィスやショールーム撮影から、博物館や歴史的建物の撮影まで幅広く対応いたします。

■コロナ禍における撮影サポートを実施

[画像2: https://prtimes.jp/i/66777/1/resize/d66777-1-625027-3.jpg ]

コロナの影響を受けた地域の事業者に対して、撮影のサポートをさせていただきます。オンラインでお客様へ現地の様子を届けるための発信用動画撮影や、プロモーションとしてご活用いただける施設館内の動画撮影など、コロナ収束後やGOTOトラベルキャンペーンの集客に向けた支援を低価格にて対応させていただきます。

これまで地域の魅力を発信してきた華飛と、ドローンの世界大会に日本代表選手として参加したドローンパイロットが所属するWHOOT。両者の強みを活かし、この時代に必要とされる支援をして参りたいと考えております。


▼撮影のお問い合わせ・ご相談はこちらまで
株式会社華飛(担当:千葉)
info@drone-hanabi.com


■株式会社華飛とは

[画像3: https://prtimes.jp/i/66777/1/resize/d66777-1-301737-2.png ]


「つながりから、ひろがる時代へ」
をコンセプトに、異なるスキルを持つメンバーが多数在籍。ドローンを用いて地域の魅力を発信するコンテンツ制作を主軸に、映像制作・WEB企画・イベント企画など、幅広く対応しています。

設立日 :2020年2月20日
代表 :千葉 麻有
住所   :東京都千代田区東神田2-10-5
電話番号 :050-5361-7214
メール :info@drone-hanabi.com
ウェブサイト: https://d-hanabi.co.jp/


■株式会社WHOOTとは

[画像4: https://prtimes.jp/i/66777/1/resize/d66777-1-103667-1.png ]


マイクロドローン、ドローン空撮、映像制作、3DCG制作からドローンのイベント企画やコンサル、レッスンや講演を行っています。
設立日 :2019年3月15日
代表 :白石 麻衣
住所   :熊本県熊本市中央区大江5丁目14-4
メール :studio.whoot@gmail.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング