三陸に一足早いサクラ咲く!車両と駅舎を「サクラ アート」で装飾 「キット、ずっと号」「キット、ずっとカンパネルラ田野畑駅」お披露目式 4月1日(日)10:40~11:30 三陸鉄道 田野畑駅にて実施

PR TIMES / 2012年3月27日 9時24分



====================================================================
三陸に一足早いサクラ咲く!車両と駅舎を「サクラ アート」で装飾
「キット、ずっと号」「キット、ずっとカンパネルラ田野畑駅」お披露目式
--------------------------------------------------------------------
4月1日(日)10:40~11:30
三陸鉄道 田野畑駅にて実施
====================================================================

三陸鉄道株式会社(本社:岩手県宮古市、代表取締役社長 望月正彦、以下「三陸鉄道」)は、4月1日(日)、路線一部運行再開(田野畑~陸中野田間)を記念し、田野畑駅での運行再開記念式典ならびに、三陸地方に一足早い春を届ける”サクラアート”を施した車両「キット、ずっと号」と駅舎「キット、ずっとカンパネルラ田野畑駅」のお披露目式を行います。

本イベントは、三陸鉄道、ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役 社長 兼 CEO:高岡 浩三、以下「ネスレ」)、他岩手県三陸鉄道沿線にある各観光協会や、運行再開の起点となる田野畑村の方々、及び久慈工業高校の生徒などにより結成された「キット、ずっとプロジェクト」委員会により開催されるものです。
また、「キット、ずっとプロジェクト」は、三陸鉄道の存在と魅力を世界に向けて発信することで、認知拡大並びに、さらなる観光振興を中心とした沿線地域全体の活性化を図ることを目的としたプロジェクトです。

サクラアート(桜の柄を用いた装飾)は、世界中からの応援メッセージや、地元高校生の言葉を集めて桜の花びらと一緒にデザインし、装飾しています。温かい気持ちのこもったサクラアートが地元の方たちを励まし、また、新たな観光スポットとして多くのお客様の目に触れていただくことを期待しております。

当日は「キット、ずっとプロジェクト」より、俳優の阿藤快さんをお招きして、賑やかにお披露目式を執り行います。

-----------------
イベント開催概要
-----------------
■名称 : 「キット、ずっとカンパネルラ田野畑駅」「キット、ずっと号」お披露目式
■日時 : 2012年4月1日(日) 10:40~11:30(予定)
      ※同日8時半より、達増岩手県知事をお招きした運行再開記念式典の開催も予定しています。
      ※阿藤さんはお披露目式終了後も、「キット、ずっと号」に乗車し、
       復旧した三陸鉄道の様子をU-streamで生中継頂きます。(10:30~15:30放送予定)
       URL: http://www.nestle.jp/brand/kit/kitzutto_jp/
■会場 : 三陸鉄道 田野畑駅 (岩手県 下閉伊郡 田野畑村 和野 38-14)
         ※雨天決行とさせて頂きます
■主催 : 三陸鉄道株式会社、ネスレ日本株式会社
■ゲスト : “三陸案内人”阿藤快さん
■登壇者(敬称略): 田野畑村 村長 上机莞治、三陸鉄道代表取締役社長 望月正彦、
           美術家 三田村光土里、久慈工業高校 美術部生徒 ほか
■内容 : 「キット、ずっと号」「キット、ずっとカンパネルラ田野畑駅」お披露目、内覧
       三陸案内人” 阿藤快さんによる「三陸いいとこ公開生レポート」

----------------------------------------------------------------------
「キット、ずっと号」「キット、ずっとカンパネルラ田野畑駅」の装飾について
----------------------------------------------------------------------
田野畑~陸中野田間の開通を祝うと同時に、この先長い道のりの復興への願いをこめて、「キット、ずっとプロジェクト」のメンバー、美術作家の三田村 光土里(みたむら みどり)さんの原案、デザインで一部車両と田野畑駅舎を”願いのサクラ メッセージアート”で装飾します。

「ネスレ キットカット」は、「キット、サクラサクよ。」を合言葉に受験生を応援し続け、今では3人に1人が受験期に手にするほど不動の受験生応援アイテムとして多くの受験生を勇気づけています。
このサクラ(桜)のデザインを東北地方ではまだつぼみの時期である4月に車両と駅舎に満開にさせることで、復興に向けたシンボルとして地域を勇気づけ、元気にしたいという思いを込めております。

・「キット、ずっと号」運行期間(予定): 2012年4月1日(日)~6月30日(土)
  ※運行スケジュールはお問い合わせ下さい。
・「キット、ずっとカンパネルラ田野畑駅」公開期間(予定): 2012年4月1日(日)~6月30日(土)

-----------------------------------------------------
・「キットカット」を通じて三陸と世界を結ぶ。
 Facebook(R)で募集した応援メッセージをサクラアートに
-----------------------------------------------------
ネスレでは、三陸鉄道の復旧支援として寄付ができる「ネスレ キットカット ミニ ワールドバラエティ」を3月5日(月)から全国で発売しています。また、この商品の発売に合わせ、3月31日(土)までの期間中、世界20ヶ国以上で展開するFacebook(R)上の「キットカット」オフィシャルページにおいて、
三陸鉄道に向けた応援メッセージを世界中から募集しています。
一連のキットカットを通した活動により、三陸鉄道とこの地域を世界とつなげることを目指しております。

集まった応援メッセージの中から選ばれた「ことば」が、三田村さんのデザインによるアートに組み込まれ、三陸鉄道の車両に描かれます。

また、この「キット、ずっと号」は、「キットカット キット、ずっと号」として商品化され、外装のデザインを使った特性キットカットが2012年3月30日(金)より弊社、並びにネスレのオンラインショップで予約販売を開始する予定です。

--------------------------------------------------
・3月7日(水)に、田野畑駅にてワークショップを実施
--------------------------------------------------
久慈工業高校(岩手県 九戸郡 野田村大字 野田)の生徒ら計約20名で、美術作家三田村さんによるワークショップを行いました。
「元気が出ることば」をテーマに、周囲からかけられたことばや見たり聞いたりしたことばなどを自由に書いてもらい、最後に、「大切な人が落ち込んでいる時にかけてあげたいことば」というキーワードを生徒たちから集めました。

---------------------------------------------------
・3月24日(土)に、地元住の方々と一緒に
「キット、ずっとカンパネルラ田野畑駅」の描画を実施
---------------------------------------------------
東京芸術大学大学院 油画専攻 壁画研究室の学生による制作監修の下、久慈工業高校美術部の生徒たちのほか、田野畑村の住民の方々と一緒に田野畑駅舎への描画を行いました。
ワークショップで多くの人たちから生み出された「ことば」と、「キットカットFacebook」に世界中から集められた応援メッセージを、美術作家三田村さんのデザインに基づいて、アートとして表現していきました。

------------------------------------------
・駅舎の中には、応援メッセージの書かれた
「つながるんだるま」メッセージはがきを掲出
------------------------------------------
3月11日(日)に、東京の新橋駅前SL広場で開催された「さんてつ広場 復興市」では、多くの方にご来場頂き、「つながるんだるま」メッセージはがきに応援メッセージを書いてもらいました。
その「つながるんだるま」メッセージはがきを、「キット、ずっとカンパネルラ田野畑駅」駅舎など、沿線駅舎内に掲出予定です。

-----------------------------------------------------
”願いのサクラ メッセージアート”のデザインを手がけた
三田村 光土里さんについて
-----------------------------------------------------
愛知県生まれの美術作家。日常の記憶と記録のドラマをテーマに写真や映像、
様々な素材を用いた空間作品を国内外の美術展で多数発表。

■コメント
今回のワークショップでは、復興に向かう地元の人々が、日々どんな思いで自分自身や大切な人たちを元気づけているか、また元気づけられているかを言葉にしてもらうことで、より身近でリアリティを持った励ましのメッセージになると考えました。
実際に地元の高校性との言葉のワークショップで引き出された、深く温かく強いひとことひとことは、まさにFacebookを通して集められたたくさんの励ましに応えるかのように、三陸鉄道に桜の花を咲かせることでしょう。

---------------
三陸鉄道 概要
---------------
岩手の三陸海岸沿いを縦貫している鉄道で、通称「三鉄(さんてつ)」。
地元の足として愛され、通常の車両のほか、お座敷車両、レトロ調車両の運転を行っていましたが、2011年3月に発生した東日本大震災の影響で、現在一部区間のみで運行を行っています。

●会社名 : 三陸鉄道株式会社
●住所 :  岩手県宮古市栄町4
●設立 :  1981年11月10日
●代表 :  代表取締役社長 望月正彦
●URL :   http://www.sanrikutetsudou.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング