金融機関向けのタブレット用アプリケーションの提供を開始

PR TIMES / 2013年5月27日 18時10分

投資経験の少ない顧客にファンド商品を分かりやすく説明できる「ファンドデータアプリ」および、顧客と一緒に操作が可能な「ライフプランシミュレーションアプリ」の販売を開始

金融情報サービスを提供する、株式会社アイフィスジャパン(代表取締役:大沢和春 本社:東京都千代田区西神田3-1-6)は、この度、ファンド等の投資性商品に関する営業支援を目的とした「ファンドデータアプリ」と、住宅ローンや資産運用等の金融商品に関する販売支援を目的とした「ライフプランシミュレーションアプリ」の、2つのタブレット用アプリケーションの提供を開始しました。いずれも、ASP方式での提供で、低価格での導入が可能です。初年度では、2つのアプリを合わせて計5,000台の販売を目標とします。



現在、金融機関では、顧客とのコミュニケーションツールとして、タブレット端末の導入が急激に進んでいます。当社調べでは、銀行や証券会社などの金融機関68社で総台数22,907台が導入されています(2013年3月29日時点 ※詳細は参考資料ご参照)。タブレットでの顧客への説明が急増している状況を受け、アイフィスジャパンでは、金融機関の担当者および顧客、相互にとってメリットが大きいタブレット端末を利用したソリューションサービスの提供を本格的に開始します。

ファンドデータアプリは、金融機関での投資性商品の営業支援を目的とした、タブレット端末用のアプリケーションです。データは、一般社団法人投資信託協会のデータを利用しています。個別商品の詳細表示の他、基準価額の推移、分配金の履歴などが一目でわかります。また、リスク説明機能等も充実しており、投資経験の少ない顧客でも、投資信託のリスクやコストについて理解して頂きやすくなっています。新規投資を考える顧客へのスムーズなアプローチや提案が可能となります。

ライフプランシミュレーションアプリは、金融商品販売支援を目的としたタブレット端末用のアプリケーションです。顧客と一緒に操作が可能、かつ通信のない環境でシミュレーションが可能なアプリであるため、セキュリティ対策の観点で優れています。また、フィナンシャルプランナーが実業務で利用しているツールをベースにしているため詳細なキャッシュフローを表示でき、各入力項目には参考数値が入っているため、必要最小限の入力でシミュレーションが可能です。

アイフィスジャパンは、証券調査レポートなど機関投資家向けのドキュメントとウェブのソリューション展開により実績を伸ばしてきました。今後は、タブレットソリューションの機能を拡充させるとともに、タブレット端末向けアプリケーションの開発でイニシアティブを取り、本事業を収益の柱としていく考えです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング