~栄養ドリンクの5月の購買理由~ 売れ筋上位5ブランドが全体の67.2%を占める! すぐ(5秒以内)に購入を決めた購入者が全体の60.3%!

PR TIMES / 2013年6月14日 14時30分

 フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業として、2013年2月1日にサービスを開始した購買理由データ提供サービスのデータをもとに購買理由に関する分析レポートを報告します。
 対象は、食品、飲料、日用品、医薬品、化粧品などの消費財商品約40カテゴリー。2013年6月13日時点で、購買理由データ数199, 727件、会員数32,810名です。
 本リリースでの分析レポートの購買対象期間は2013年4月29日~6月2日、分析対象カテゴリーは「栄養ドリンク」で実施し、全国を対象に780データ(男性:385人、女性:395人)の回答を基に分析しました。



◆売れ筋上位5ブランドで全体の67.2%を占めるも、男女別でブランド順位に違いが!


 ブランド別にみると全体では「リポビタン(大正製薬)」が246レシート、「チオビタ(大鵬薬品)」が92レシート、「エスカップ(エスエス製薬)」が67レシート、「チョコラBB(エーザイ)」が61レシート、「アリナミン(武田薬品)」が58レシートとなり、売れ筋上位5ブランドで全体の67.2%を占めていました。
 男女別にみると男性では総計と同じ順位付けとなりましたが、女性では肌ケアなどの機能価値を訴求したブランドである「チョコラBB(エーザイ)」が2位に入りました。


◆男性はコンビニ、女性はドラッグストアでの購入割合が高い


 栄養ドリンクの購入場所(業態)について男女別にみると、男性では「コンビニエンスストア(32.5%)」、「ドラッグストア・薬局(30.6%)」、「総合スーパー、食品スーパー(29.6%)」となりました。一方女性は「ドラッグストア・薬局(46.5%)」、「総合スーパー、食品スーパー(27.8%)」、「コンビニエンスストア(24.4%)」の順となり、男女で比較すると、男性は「コンビニエンスストア」での購入割合が高く、女性は「ドラッグストア・薬局」での購入割合が高いことが分かりました。普段よく買い物している業態が購入場所の違いに影響しているものと考えられます。


◆男性は1本、女性は複数本購入の割合が高い


 購入本数について男女別で比較すると、男性は「1本」購入が75.6%となっているのに対し、女性は複数本での購入(「2~9本」と「1箱(10本入り)」の合計)が46.9%と割合が高くなっています。
 「ちょっと疲れ気味だったので店頭で見かけたら飲みたいと思って購入した。(50代、既婚男性)」と、男性の場合は自分が直ぐに飲む分を購入する割合が高く、「価格が安かったのと、売り場で目立っていた。主人が好きな商品なのでまとめて購入した。(30代、既婚女性)」「家族が気に入っており、セールされていたから。(40代、既婚女性)」と、女性の場合は自分以外の家族が飲む分も購入したり箱の方が安く購入できることからまとめ買いをしたりする割合が高いと思われます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング