リノベーションマンションの新ブランド「R100TOKYO」発表「暮らし・住まいから東京を豊かにする」 

PR TIMES / 2013年11月14日 18時17分

100年先を見据えた資産性と普遍的な価値をそなえた100m2 超の住まい・住関連サービスを提供

株式会社リビタ(所在:東京都渋谷区、代表取締役:南佳孝)は、2013年11月13日より、「暮らし・住まいから東京を豊かにする」ことをコンセプトとしたリノベーション事業の新ブランド「R100 TOKYO」のサービスを本格的に開始いたします。



 暮らし・住まいから東京を豊かにする

100年先を見据えた資産性と普遍的な価値をそなえた住まい、住関連サービスの提供
100平米超の高価格帯マンションマーケットをリノベーション分譲で新たに開拓
一棟丸ごとリノベーション分譲事業 新シリーズ「LUCLASS/ルクラス」発表・見学会開催


 R100 TOKYOとは、100平米を超す高価格帯賃貸・分譲中古マンションを買取り、100年先を見据えた資産価値と普遍的な価値をそなえた住まいへと再生し分譲、さらに「オーナーズクラブ」を設け、購入後から入居後も豊かな暮らしをトータルにサポートする住関連サービスの提供を行ないます。

 同時に、R100 TOKYOの一棟丸ごとリノベーション分譲事業の新シリーズ名称を「LUCLASS/ルクラス」とし、すでにコンセプトルームが竣工している第一号プロジェクト「ルクラス碑文谷」および「ルクラス代々木上原」の一般公開を近日開始いたします。

 また同日、R100 TOKYO公式WEBサイト「R100 TOKYO.com」を公開し、私たちが提唱する“東京に真に豊かに住まう価値”や具体的なプロジェクト情報を発信、集客を行い、販売を実施して参ります。来年度は約30戸の供給見込み、3年後を目途に当面は年間供給100戸を目指します。


公式WEBサイト「R100 TOKYO」 http://r100tokyo.com/ 11月13日(水)公開

「ルクラス碑文谷」プレス向け-コンセプトルーム見学会 11月22日(金)1.10:002.11:003.12:00

「ルクラス代々木上原」プレス向け-コンセプトルーム見学会11月22日(金)1.14:002.15:003.16:00

「オーナーズクラブ」サービス提供(2014年3月末より予定)


■ R100 TOKYO開発の背景

 東京に足りないものは、「豊かさ」かもしれない。

 東京は世界から見ても、また地方と比べても豊かな都市だと言われますが、果たして本当にそうでしょうか。総務省平成20 年度住宅・土地統計によると、東京の平均年収は全国一位。一方で、東京の持ち家率は46.6%(全国最下位/全国平均60.9%)。東京の住宅面積64.9m2 (全国最下位/全国平均94m2 )。100平米を越えるマンションの首都圏供給シェアは、2012 年度、新築ではわずか1.1%。中古物件でさえ4.4%しか存在しません(東京カンテイ調べ)。100 平米以上購入検討客層を年収1,500 円以上と仮定すると世帯数対新築供給戸数は、100 平米以下の比率が2.7%(※1)に対して、100 平米以上が0.5%(※2)、100 平米以上の供給が著しく少ないという現状が仮説立てられます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング