エンジニアの悩みを解決するエンジニア特化型Q&Aフォーラム 「teratail(テラテイル)」 2014年7月16日(水)より正式リリース

PR TIMES / 2014年7月16日 16時40分

http://teratail.com/



インターネットメディアを事業軸に、IT、医療、その他新規分野に事業を展開しているレバレジーズ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:岩槻知秀)は、エンジニア特化型のQ&Aフォーラム「teratail(テラテイル)」を2014年7月16日(水)より正式リリースいたします。

・「プログラミングに必要な情報はWEB検索ではなかなか手に入りづらいものもあるし、聞ける詳しい人間もまわり  にいない。」
・ 「エンジニアの技術的な課題を解決するための日本語で使いやすいコミュニティがない。」
・「ブログやサイトなどに載っている技術やアドバイスは、それが本当に正しいかの検証が必要で、実際、使いにくい。」

このようなエンジニアの声を、よく耳にします。日本はアメリカを中心とする英語圏に比べ、エンジニアのコミュニティの数・質はどちらも劣っており、新しい言語に関する情報も、日本語に翻訳されて情報が浸透するまでに1年近くかかると言われています。これが、日本語しかできないエンジニアにとってはかなりのハンディキャップとなっています。

レバレジーズでは、上記のような課題を解決するため、この度、エンジニア特化型Q&Aフォーラム「teratail」をリリースいたしました。これまでのコミュニティサイトとの明確な違いは、主に以下の2点です。

・ 現役エンジニアがリアルタイムで集まっているため、個別の質問に対し、最適な質の高い回答が返ってくること
・質問者、解答者に対する評価が明示され、情報の質が可視化されていること

まだテストリリース後、間がないですが、すでに多くの質問が投稿され、そのほとんどに解答がついています。現役エンジニアが多数登録しているため、実際に市況感が反映されており、質問されるプログラミング言語にやや偏りはありますが、徐々にニッチな技術的な質問をするユーザも増えてきています。「1.WEB検索の結果、情報が見つからない→2.困ったときにテラテイルで質問→3.解答が得られ、問題が解決」という流れが確立されることや、実際の質問と解答のログ情報蓄積されることは、将来の日本のエンジニアにとっての財産となると考えます。レバレジーズは「teratail」によるプログラミングに関する質の高い情報の提供を通じて、日本のIT業界全体の発展に貢献することを目的に運営していきます。

今後の展開にぜひご期待ください。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング