日本初、国宝の城を舞台にした現代アートフェス!「HIKONE ART CASTLE 2017(通称:HAC)」始動!

PR TIMES / 2017年2月22日 10時0分

「築城410年を誇る国宝・彦根城×現代アート」、時代を超越したアート展を実現! <日時:2017年9月23日(土)~12月10日(日)  開催場所:国宝・彦根城および城下町>



[画像1: https://prtimes.jp/i/23853/2/resize/d23853-2-685507-0.jpg ]

国宝・彦根城築城410年祭推進委員会(会長:小出英樹)は、2017年に開催される「国宝・彦根城築城410年祭」の一環として、2017年9月23日(土)から12月10日(日)まで、日本で初めて国宝・彦根城を舞台に開催する現代アートフェス「HIKONE ART CASTLE 2017(通称:HAC)」を始動いたします。

1952年に国宝に指定された彦根城天守は、関ケ原合戦の前哨戦で耐え抜いた大津城から移築されたといわれ、1607年頃に完成。政治的象徴としての外観の美しさだけではなく、城本来の機能である軍事面でも優れています。

「HAC」は、姫路城・松本城・犬山城・松江城と並んで日本に5つしかない国宝の城である彦根城を舞台に、現代の彫刻家やイラストレーターなどの著名アーティストによる「城・戦国江戸期の不易流行表現」をテーマとしたアートの数々を展示。現代に活きる最先端の文化発信拠点として国宝・彦根城の新たな魅力を創出し、新しい世代への継承と発展へと繋げていくことを目的としています。

その他、2017年9月23日(土)~10月1日(日)の期間、全国の美大生を対象に参加者を公募する彦根市滞在型学生アートプログラムを実施し、制作したアート作品を城下町で展示する「HIKONE STUDENT ART EXHIBITION 2017」を開催。彦根市内の大学や商工会との連携など、地域に根ざした創造活動を実践します。
彦根の長い歴史に新たな創造の息吹を吹き込むこのアートイベントにぜひご期待ください。

「国宝・彦根城築城410年祭」は、2017年3月18日(土)~12月10日(日)まで滋賀県・彦根城一帯で開催予定。
今後も、魅力的な情報を次々と発信していく予定ですのでぜひご注目ください。

※内容は変更になる場合がございます。


<「HIKONE ART CATSLE 2017」各種プログラム>
■「HIKONE ART CASTLE 2017 天秤櫓特別展」
・開催期間:2017年9月23日(土)~12月10日(日)
・場所:彦根城 天秤櫓
・参加アーティスト(50音順)
淺野健一(彫刻家)、CEKAI(クリエイティブアソシエーション)、前田鎌利(書家)、MAHARO(イラストレーター)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング