データホテルとSkeed、事業提携に合意、グローバル間高速データ転送クラウドサービス「データホテル クラウド コネクト」共同開発を発表

PR TIMES / 2012年6月12日 15時19分



2012年6月12日

データホテルとSkeed、事業提携に合意、
グローバル間高速データ転送クラウドサービス
「データホテル クラウド コネクト」共同開発を発表

 国内最大級のインターネット事業会社NHN Japan株式会社の子会社で、国内外にデータセンター、ホスティングサービスを提供する株式会社データホテル(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:嶋田 健作、以下データホテル)と、大容量、高速ファイル転送ソフトウェアを提供する株式会社Skeed(スキード)(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:明石 昌也、以下Skeed)は事業提携し、クラウド分野における次世代インフラ技術に関する共同開発を開始します。今回、その第一弾として、世界初の高速データ転送クラウドサービス「データホテル クラウド コネクト」(以下CLOUD CONNECT)を今夏から提供開始します。

 近年、企業活動のグローバル化、リスク分散の観点などから、ネットワーク情報量の急増とデータセンター分散利用が進み、大容量のデータを瞬時に転送するソリューションが求められています。このような市場の状況を受け、データホテルのインフラ運用技術とSkeedのソフトウェア開発技術を生かし、事業提携後の第一弾としてCLOUD CONNECTを共同開発しました。

CLOUD CONNECTはグローバル間通信技術にSkeedが独自開発した通信プロトコル「Skeed Silver Bullet Protocol」(スキード シルバー バレット プロトコル)を採用し、世界6カ国10カ所を結ぶ仮想ネットワークにて、大容量データを世界中のクラウドサービスやデータセンターに高速転送できる、高速データ転送クラウドサービスです。グローバル間ファイル転送において、TCP と比較して約 20~30 倍(※1)の高速通信と、高いセキュリティを実現しています。これによりRAW画像や映像データ、CADや会計データなど、大容量のデータをグローバル間で迅速に共有したい場合や、大規模演算処理を必要とするビッグデータ解析処理などにおいて、国外のハイパフォーマンスなクラウドコンピューティングリソースを、国内に近い通信環境下で利用する事が可能になります。
(※1: 回線状況などにより速度は異なります)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング