【国内初】動物病院の予防・健診 ネット決済プラットフォーム『プロミペット診療チケット』を提供開始

PR TIMES / 2014年1月23日 12時13分

~ ペット高齢化社会に対応 ~

 全国の動物病院の90.6%(※1)が利用している動物病院向け通販サービスを展開する株式会社プロミクロス(本社:東京都江東区、代表取締役社長:地引 吉昭、以下プロミクロス)は、国内で初めて、飼い主が動物病院で支払う予防・健診の診療料金を事前にインターネット上で決済できるプラットフォーム『プロミペット診療チケット』の提供を、本日1月23日(木)から開始します。同時に、ニフティ株式会社が本日から提供する「@niftyペット(※2)」との連携を開始します。



 『プロミペット診療チケット』は、自宅の近辺にある本サービスに加盟している動物病院を検索し、希望する予防・検診メニューの料金や動物病院の特徴を確認し、受けたいメニューをインターネット上で事前決済できるサービスです。料金が事前に支払えるため、「いくらかかるかわからない」などの不安が解消されます。つめ切りや耳そうじ等のお手入れが受けられる「お手入れチケット」も同時に購入することもできます(お手入れチケットを設定している動物病院のみ)。
 ペットの健康に不安を感じるものの、動物病院の診療費はわかりにくく来院しづらいと感じている飼い主にも、安心して動物病院の診療を受けることができます。
 なお、本サービスは当社での提供のほか、ニフティが本日から提供する「@niftyペット」でも提供をします(購入は『プロミペット診療チケット』サイトからとなります)。ペットの成長過程に合わせた獣医師や専門家によるコラムやクイズなどのある「@niftyペット」と連携することで、ペットを飼う利用者にとってよりペットとの生活に役立つ実用的なサービスとして提供します。

 本サービスは、まずは当社が提供している療法食通販サービス「プロミクロスケア(※3)」を導入している全国約2,000の動物病院と連携して提供、今後さらに加盟動物病院を増やしていく予定です。

■ペット飼育の状況
 近年、ペットは家族の一員としての地位が確立し、室内飼育の増加やペットフードの高品質化によって飼育犬の51.3%、飼育猫の39.7%が7歳以上のシニアとなっており、「ペットの高齢化」が進んでいます(グラフ1)。高齢化が進むことで、運動機能の低下や生活習慣病へのケアなど、老いたペットの介護問題が顕在化してきています。
高齢化したペットとの生活がいつまでも楽しく豊かであり続けるためには、食事や運動など生活習慣の改善をはかり、免疫力を増幅させ病気を未然に防ぐことや、病気を早期発見・適切な治療を行い、重症化を防ぐ予防医療が重要と考えます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング