日本国内初!マレーシア最大の工業団地「セランゴール・ハラル・ハブ」日本企業向け説明会を5月30日開催

PR TIMES / 2014年5月12日 9時27分

セランゴール州知事閣下・ハラル工業団地運営会社CEOも参加! 30社限定です。

日本国内初!ハラル工業団地誘致単独説明会
マレーシア最大の工業団地「セランゴール・ハラル・ハブ」
日本企業向け説明会を5月30日東京にて開催、
セランゴール州知事閣下・ハラル工業団地運営会社CEO参加による説明会になります。
事前予約30社限定です。



マレーシア最大の工業団地「セランゴール・ハラル・ハブ」の日本企業向け進出・招致説明会を
5月30日(金)に開催します。

今最も注目される、世界19億人のイスラム市場への参入方法の一つがマレーシアの工業団地の活用です。マレーシアは国策として「ハラルハブ」を推進しイスラム圏へのハラル関連輸出が経済を牽引しています。ハラルハブの工業団地は、ハラル対応はもちろんイスラム圏への輸出サポートまでも行うシステムが特徴です。イスラム圏への参入、工場進出、OEM進出、日本から原料輸出などに興味のある方はぜひ説明会にご参加ください。

セランゴール州は首都クアラルンプールを取り囲み、日本の東京に等しく、面積約8000平米、人口5,180千人の日本の東京都の様な存在でありながら、工業団地等を有しております。
「セランゴール・ハラル・ハブ」は首都クアラルンプールの北方に位置し、KLCC地区から40キロ、クアラルンプール国際空港から60キロと交通アクセスが抜群にいい環境にあります。さらにマレーシア最大の貿易港ポート・クランに隣接し、国内輸送や輸出にも配慮されています。敷地面積は約400ヘクタール(東京ドーム86個分)です。

現在、7割が完売し残りを日本企業向けに販売を計画しています。今回の進出説明会では、タン スリ アフ゛ト゛ゥール カリト゛ イフ゛ラヒム セランコ゛ール州知事閣下が基調演説をいたします。またセランゴール ステート インヴェストメント コミッティ(SSIC)とセントラルスペクトラム(Central Spectrum Sdn Bhd・CSSB)両社のトップも同席さされます。セントラルスペクトラムは「セランゴール・ハラル・ハブ」を一括管理するために設立された会社です。

マレーシアは高い経済成長の国であり、イスラム圏のグローバル・ハラル・ハブとなることを国策として推進しています。いままでは大手企業しか参入できなかった工場進出が、OEMや提携工場を見つけることで中小企業でもハラル対応が可能となります。マレーシアJAKIMのハラル認証取得後は、マレーシアはもちろん、アセアン・中東などにも販売する事ができます。世界人口の約1/4、約18億人の巨大イスラム市場進出のカギは、ハラルといえるでしょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング