1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

先進的な受精卵生産移植技術で和牛農家と酪農家の所得向上と黒毛和牛の供給不足解消に取り組む

PR TIMES / 2021年4月6日 16時10分

~大切な遺伝子源を守り育てる~

当社は、「April Dream 4 月 1 日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは株式会社ノースブルの April Dream です。

世界一の技術企業になって
視察研修旅行(モルディブ)をお客さん職員みんなにプレゼントする

和牛繁殖農家は過去20年で70%離農、酪農家も労働時間が長く休みがとれない、利益率が低いなどの課題がある。弊社が世界一の受精卵技術企業となりこの課題を解決し畜産の生産性を高め美味しい高品質な和牛肉を継続的に生産する手助けをしていく
そして、365日休みがなかった畜産業でもまとまった休みと楽しい幸せな時間が作れるようにと願いを込めた。



[画像1: https://prtimes.jp/i/77032/4/resize/d77032-4-305561-0.png ]

2011年8月に東日本大震災で被害が出た地域にいる自分が何か行動できないか考え仙台で創業した。その後、仲間が増え現在我々は牛受精卵の生産・移植・技術開発を営む専門企業として全国屈指の技術を有するチームとなった。先進的な技術で質の良い和牛の子牛を効率よく生産する選択肢を提供。和牛の受精卵生産販売を和牛農家の新しい経営の柱とし、それを利用する酪農家ともに所得向上と和牛の供給不足解消に取り組む。和牛繁殖農家は過去20年で70%離農、酪農家も労働時間が長く休みがとれない、利益率が低いなどの課題がある。当社の技術でこの課題を解決し畜産の生産性を高め、休みがとれるみんなで海外旅行に行ける未来を目指して、美味しい高品質な和牛肉を継続的に生産する手助けをしていく。代表本人は酪農家の家に生まれており子供の頃、海外旅行どころか家族で泊まりの旅行も行ったことがない。それを不満と思ったこともなかったが、今できるなら多くの家族に新しい思い出や経験が生まれ幸せな時間が過ごせるとより良い世界になると感じている。震災や新型コロナで傷ついた心はいつか楽しい思い出で癒されると願っています。


2001年酪農学園大学家畜繁殖学研究室卒業。
2015年農水省まとめETチャレンジ受精卵移植頭数全国第4位。
2016年東北大学地域イノベーションプロデューサー塾優秀賞受賞。
2018年日本胚移植研究会技術賞受賞。
2017,2018,2019年国際胚移植学会(IETS)発表国外でも情報交換を積極的にすすめている。
2020年技術者の育成と働きやすい職場作りを重視し仙台四方よし宣言企業認定をうける。
2021年東北グロースアクセラレーター採択登壇

移植師3名 培養士2名 獣医師3名
経理1名 情報システム開発1名
外部人事マネージャー1名(11名)
株式会社ノースブル 代表取締役 菅原 紀 Motoi Sugawara
〒989-3212 宮城県仙台市青葉区芋沢字青野木343-2
TEL:(022)-796-3988
FAX:(022)-796-3820
E-Mail : sugawara@northbull.jp
URL: https://www.northbull.jp


[画像2: https://prtimes.jp/i/77032/4/resize/d77032-4-225306-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/77032/4/resize/d77032-4-592006-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/77032/4/resize/d77032-4-169879-3.jpg ]

「April Dream」は、4 月 1 日に単に笑えるネタではなく、実際に企業が叶えようとする夢 を発信いただく PR TIMES によるプロジェクトです



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング