~口内炎に、コジハル、トラフル♪~ 小嶋陽菜さん(AKB48)が「お姫様」姿で登場! 口内炎治療薬「トラフル軟膏」新TV-CM放映開始

PR TIMES / 2014年3月14日 10時52分

豪華なお姫様ドレスに身を包み、口内炎に悩む「コジハル嬢」を熱演

第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区)は、2014年3月15日(土)より、口内炎治療薬「トラフル軟膏」の新TV-CM「コジハル、トラフル」篇の放映を開始します。イメージキャラクターには、男女を問わず高い人気を誇る、小嶋陽菜さん(AKB48)を起用します。



■ 口内炎に悩むお姫様・「コジハル嬢」のキュートな演技に注目!
 今回のTV-CMにおいて、小嶋陽菜さんは、「トラフル城」に住むお姫様・「コジハル嬢」として登場。中世ヨーロッパの貴族をイメージした世界観の中で、豪華なお姫様ドレスに身を包み、“口内炎に悩むお姫様”という役柄を、魅力たっぷりに演じてくれました。

▼TV-CMストーリー
 舞台は「トラフル城」。ここには可愛いお姫様「コジハル嬢」が住んでいます。
 大好きな食事の時間。大きなダイニングテーブルの上には、高級フィレステーキやフルーツの盛り合わせなど、豪華なごちそうがズラリと並んでいます。それなのに、「コジハル嬢」は浮かない顔。その理由は、しみて痛い口内炎にありました。熱々の肉汁や濃厚なソース、フルーツの酸味は、口内炎の大敵なのです。「食べたいのに、食べたいのに、痛い!だってだって、口内炎なの~!」と、「コジハル嬢」の悲痛な叫びが「トラフル城」に響きます。
 そんな、しみて痛い口内炎の時のお助けアイテムが、「トラフル軟膏」です。「コジハル嬢」は、すっかり上機嫌。美味しそうにステーキを頬張ります。

▼TV-CMの見どころ
 見どころは、こだわって何テイクも撮影を重ねた、「食べたいのに、食べたいのに、痛い!」という決め台詞。
 ちょっと怒った表情の「痛い!」や、困った顔の「痛い!」など、キュートな小嶋陽菜さんの演技に、どのテイクを選ぶか迷ってしまうほどでした。
 また、今回は中世ヨーロッパの貴族をイメージした世界観をもとに、衣装についても細部にまでこだわり、レースやリボンなどを上品にあしらった 「豪華なお姫様ドレス」を仕立てました。TV-CMでは、階段のシーンも出てきますが、裾がひろがったドレスで、高いヒールを履いて駆け下りるのは至難の業です。スタッフ一同ヒヤヒヤして見守っていましたが、そこはさすがの小嶋陽菜さん。急な階段をものともせずに駆け下りて、アイドル魂を見せてくれました。

■ 小嶋陽菜さんにインタビュー!「口内炎ができると気分も下がる……」
 小嶋陽菜さんに、口内炎や、撮影エピソードに関する質問にお答えいただきました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング