注目の美容成分マリンプラセンタ(R)を配合した 最終製品の販売をスタート!

PR TIMES / 2012年8月7日 10時22分



化粧品OEM/化粧品製造のホシケミカルズ株式会社(東京都千代田区)が、
初めて健康食品の最終製品販売に踏み切りました。

マリンプラセンタやマリンコラーゲン(R)の原料を販売してから半年余、
顧客からの高い反響と要望に応える形で、マリンプラセンタの供給元である
株式会社日本バリアフリーと協力し開発したマリンプラセンタ配合の健康美容飲料
「キレイレシピ」です。

この製品を皮切りにホシケミカルズは今後も新しい処方開発に積極的に取り組む計画です。

■健康美容食品市場に異変・・!?

 目覚ましい成長を遂げている健康美容食品市場にはちょっとした「変化の波」が押し寄せています。
この市場は、コラーゲンやヒアルロン酸配合の商品が牽引し急成長しましたが、
いま、この2つの成分と並んで、プラセンタ配合の商品が脚光をあびているのです。
 昨年度の富士経済の調べによれば、2010年のプラセンタ配合の商品の市場規模は
約45億円でしたが、2011年には64・4%増の74億円、
2012年には20・3%増の89億円規模にまで伸びると予測されています。

 プラセンタ市場が急成長を遂げている背景を探ってみましょう。
 1. コラーゲンやヒアルロン酸を配合した商品が飽和状態となり、
   差別化を図れるプラセンタへの注目度が上がった
 2. プラセンタは効果の体感性が高い
 3. 医療現場において豊富な臨床実績やエビデンスデータがあるため、
   効果効能への信頼性が高い
 4. 美肌作用だけではなく、更年期障害改善や肝機能改善効果など、
   幅広い効果が期待できる
 
 科学的なエビデンスに裏付けられた効果を体感でき、新鮮味も高いプラセンタ配合商品は、
伸びゆく健康美容食品市場の「台風の目」といえるでしょう。

■多様な効果と豊富なエビデンスを持つマリンプラセンタ
 
 人気急上昇中のプラセンタの中でも、とりわけ注目度が高いのが、マリンプラセンタです。
一口にプラセンタといっても、人間由来のプラセンタから豚由来、馬由来まで、
プラセンタもさまざまな種類がありますが、弊社では(株)日本バリアフリー社が開発した
北海道産の鮭の卵巣膜から抽出したマリンプラセンタを原料販売して参りました。 
 このマリンプラセンタには、他のプラセンタにはない特徴があります。

 1. 狂牛病などを通して動物由来のプラセンタに不安感を持つ消費者も安心して利用できる
 2. 動物由来のプラセンタよりもアミノ酸を豊富に含む
 3. 精製度が高いため、プラセンタ特有の匂いが少なく飲みやすい
 4. シワ改善や肌弾力改善効果、アンチエイジング効果、更年期障害改善や
   育毛効果といった、さまざまな効果を証明する豊富なエビデンスや特許が揃っている

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング