タイ大手通信会社True Internet社との業務提携を締結

PR TIMES / 2014年11月5日 18時41分

~メール配信サービス「インテリジェンス・メール」をタイマーケット向けに販売開始~

「全ての人に安心、安全、快適なつながりを」を理念とし、ASP/クラウド型高速一斉メール配信サービス「すぐメール(R)」を提供するバイザー株式会社(本社:名古屋市中村区名駅南、代表取締役CEO:米田昌弘)は、タイ大手通信会社のTrue Internet社と業務提携し、タイ国内におけるメール及びオンラインを活性化するマーケティングツールとして、「インテリジェンス・メール(Intelligence Mail)」の販売を開始しました。



1.背景・目的
当社は2007年に設立し、ASP/クラウド型メール配信サービス・スマートフォンアプリ構築及び運用を主な事業領域として展開しており、特に高速一斉メール配信サービス「すぐメール(R)」は、官公庁、警察、自治体、教育機関、法人企業等全国約5000団体以上のお客様に導入されています。堅強なセキュリティと大量一斉メール配信技術をご評価いただき、セキュリティ要件の高い公共団体への導入が約7割を占めています。また、アンケート、クーポン、キャンペーン、また各種効果測定に関するメールマーケティング機能も搭載し、メ顧客の囲込み等効果的なオウンドメディアツールとしても活用されております
今回、タイ国内でサービス提供を開始する上で、タイの通信・道路・配送等の各種インフラ発展に伴うインターネット関連ビジネスの更なる発展が期待されること、また、同国におけるPDCAを意識したメールマーケティングの促進することを目的とし、True Groupの子会社であるTrue Internet社と提携し、「インテリジェンス・メール」のサービス開始となりました。

2.インテリジェンス・メールについて
True Internet社が運用するタイ国内最大といわれるインターネット網及びクラウドコンピューティング技術と、当社の「すぐメール」で培った高速一斉メール配信技術とマーケティング機能等のノウハウを活かし、タイマーケット向けにタイ語・英語・日本語に対応したメール配信サービス「インテリジェンス・メール」を開発し、2014年10月28日10時より、現地タイのセントラルエンハシーにおいてプレスカンファレンスを開催し、正式販売となりました。


プレスカンファレンスにおいて、True Internet社ゼネラルマネージャーのワス氏は、「今後、インターネットビジネスには、顧客の反響や傾向分析が重要であり、メールを活用したマーケティングは成長性が高いと考えている。その中で、インテリジェンス・メールは、ビジネスをサポートするマーケティングツールとしての導入が進むと期待できる。」と話し、今後タイ国内で保険会社やホテル、流通業等、大手企業から中小企業までを対象に、販売を実施していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング