「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2018」登壇者続々決定!!小泉進次郎議員、りゅうちぇるさん、西野亮廣さん、古川未鈴さん(でんぱ組.inc)ほか

PR TIMES / 2018年8月7日 14時1分

~6ジャンルのコンテンツ/アクティビティラインナップも順次公開中~



[画像1: https://prtimes.jp/i/33690/6/resize/d33690-6-778285-4.jpg ]

日本財団と渋谷区が2018年9月7日(金)から9月17日(月・祝)まで実施する「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2018」。多様な未来を考える11日間として、青山学院大学構内やEDGEof、渋谷ヒカリエ、表参道ヒルズなど渋谷・原宿・表参道エリアの商業施設やイベントスペースにて多彩なイベントを開催します。
期間中に実施する2つのメインイベントへの登壇者が続々と決定してまいりましたのでお知らせいたします。

■1.にっぽんの将来を考える!日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2018
日程:9月8日(土)、9日(日)  会場:青山学院大学 青山キャンパス
小泉進次郎衆議院議員、りゅうちぇる氏ほか多様なゲストをお迎えし、様々な角度から日本の未来について考える機会といたします。昨年同様、小泉議員がオープニングの基調講演に登壇!タレントのりゅうちぇる氏は15の分科会のひとつ“「性別」ってなんですか?”に登壇いただきます。

■2.プレミアムトークセッション!DIVE DIVERSITY SESSION
日程:9月15日(土)、16日(日)、17日(月)
会場:EDGEof、表参道ヒルズ、渋谷ヒカリエ 8/COURT
西野亮廣氏・VERBAL氏が登壇する「DIVE DIVERSITY SESSION」はテーマを“本質”と掲げ、国内外からさまざまな有識者を招き、多様性社会の可能性を探求するトークセッションを展開します。
※登壇者は随時、公式webサイトから更新します。
※メディア申込は8月下旬を予定しております。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/33690/table/6_1.jpg ]



1. 日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2018
日程:9月8日(土)、9日(日)
会場:青山学院大学
登壇者:小泉進次郎衆議院議員、りゅうちぇる氏ほか
※決定登壇者は随時発表いたします。

特設サイト: https://www.social-innovation.jp/forum

日本財団は、複雑化する社会課題に対して具体策を探る議論の場として、2016年から「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム」を行っています。本フォーラムの最大の見どころは、様々な分野の最前線で社会課題解決に取り組んでいる先駆者や専門家による15の分科会です。県知事や企業のトップ、社会起業家、メディアなど、ここでしか見られない組み合わせの登壇者が最先端のテーマで議論します。
分科会の一つである “「性別」ってなんですか?”では、タレントのりゅうちぇる氏、株式会社AMF代表取締役の椎木里佳氏、男性として国内外でダイバーシティの価値を伝える蓮見勇太氏、ハフポスト日本版で「Ladies Be Open」を立ち上げた井土亜梨沙氏が性別の「枠」にとらわれない多様な生き方、新しいジェンダー観を探ります。


[画像2: https://prtimes.jp/i/33690/6/resize/d33690-6-850419-5.jpg ]


2. プレミアムトークセッション「DIVE DIVERSITY SESSION」
日程:9月15日(土)、16(日)、17(月)
会場:EDGEof、表参道ヒルズ、渋谷ヒカリエ 8/COURT
決定登壇者 ※決定登壇者は随時発表

プレミアムトークセッション「DIVE DIVERSITY SESSION」では、テーマを“本質”と掲げ、国内外からさまざまな有識者を招き、多様性社会の可能性を探求するトークセッションを展開します。専門分野の活動における「本質的な価値・意味」と向き合い、オーディエンスと共有し、そして対話します。自身の活動の回顧から課題や反省を語り、要約し、時には批評しながら、登壇者それぞれの日々の活動の源泉となる「本質的な価値・意味」に迫り、トップランナーが見ている景色に欠くことのできないアクションとは何かを考えます。以前発表した西野氏・VERBAL氏他15名に続き、下記35名の登壇が決定いたしました。(五十音順、敬称略)
[画像3: https://prtimes.jp/i/33690/6/resize/d33690-6-966295-1.jpg ]


【SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2018開催概要】
■ 発起人
日本財団(笹川陽平 日本財団会長)・渋谷区(長谷部健 渋谷区長)
■ 主催
SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA実行委員会
■ 開催期間
2018年9月7日(金)~9月17日(月・祝)
■ 開催場所
渋谷駅、原宿駅、表参道駅の周辺エリア
■ 特設サイト
https://www.social-innovation.jp/

■ 開催内容
多様な未来を考える11日間として、青山学院大学構内やEDGEof、渋谷ヒカリエ 8/COURT、渋谷キャスト、表参道ヒルズ、ラフォーレミュージアムなど渋谷・原宿・表参道エリアの商業施設やイベントスペースを拠点に、下記の6つの多様なプログラムで参加できる都市回遊型イベントを展開します。
[画像4: https://prtimes.jp/i/33690/6/resize/d33690-6-205112-2.jpg ]


■ 開催背景とビジョン
本プロジェクトは、渋谷区が2017年11月にはじめて開催したダイバーシティをテーマにした複合カンファレンスイベント「DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA」と2016年に日本財団主催事業としてスタートした「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム」を、「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA」として統合的に開催するものです。
「都市の未来、社会の未来とはどうあるべきか」
日本財団と渋谷区がこれからの社会に最も必要な視点「ソーシャルイノベーション」というキーワードでパートナーシッププログラムの一環として実行される本プロジェクトでは、都市が抱える社会課題領域から可能性創造領域までを集中的に体感し、学べる機会を提供していきます。また、本イベントを通じ、参画する様々な企業や団体との連携を生み出し、都市の未来、社会の未来を渋谷から創造していきます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング