「せき」「たん」などかぜの11症状に効果を発揮する総合かぜ薬「パイロンPL錠 ゴールド」新発売

PR TIMES / 2020年7月28日 18時40分

非麻薬性せき止め成分で若者に増える市販薬依存の抑制にも ~2020年8月4日、全国の薬局・ドラッグストア等にて販売開始~

ヘルスケア価値の提供を通じて社会に貢献するシオノギヘルスケア株式会社(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長:吉本 悟、以下シオノギヘルスケア)は、2020年8月4日、かぜ薬「パイロンPL錠」の基本成分に「せき」「たん」に効く2つの成分をプラスした新商品「パイロンPL錠 ゴールド」を全国の薬局・ドラッグストア等にて発売いたします。



新型コロナウイルス感染症拡大の影響下、新たな社会課題として、医療機関での感染症リスク不安が挙げられます。当社が今年5月に行った調査では、かぜへの対処法として6割以上の人が病院に行かないことに注目。その背景には感染症リスクへの不安がありました。セルフメディケーション需要が急速に広がる中、「処方せんなしで病院に行かずに買えて、かぜの症状全般に効く市販薬がほしい」というお客様の声をふまえ、当社のかぜ薬「パイロンPL錠」の効能・効果に「せき」「たん」を追加し、パワーアップした新商品を発売いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/48538/7/resize/d48538-7-678850-7.jpg ]


■「パイロンPL」シリーズについて
医療用のかぜ薬として古くから処方されている塩野義製薬(大阪府)「PL配合顆粒」は1962年に販売を開始しました。その「PL配合顆粒」の1回量の配合を変更して、ドラッグストア(DgS)で手に入る一般用医薬品(OTC)として改めて開発し、発売したのが、「パイロンPL顆粒」「パイロンPL錠」です。「のどの痛み」「発熱」「鼻みず」などにすぐれた効果を発揮する非ピリン系のかぜ薬です。今回は、その基本成分に「せき」「たん」に効果を発揮する2つの成分を追加した「パイロンPL錠 ゴールド」を発売します。

■新商品
パイロンPL錠 ゴールド 【指定第2類医薬品】
かぜの諸症状にすぐれた効果を発揮する「パイロンPL錠」に、「せき」「たん」に効く2つの成分を追加した非ピリン系のかぜ薬。非麻薬性せき止め成分「デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物」と、セルフメディケーション税制の対象でもある去痰剤「ブロムヘキシン塩酸塩」を追加しました。
希望小売価格(税抜): 18錠(3日分):1,680円、30錠(5日分):2,380円
発売予定日: 2020年8月4日
販売エリア: 全国の薬局・ドラッグストア等
[画像2: https://prtimes.jp/i/48538/7/resize/d48538-7-799632-5.jpg ]

■「パイロンPL錠 ゴールド」の特徴

1. 非麻薬性せき止め成分を配合
一般用医薬品に使用される成分の一部は、厚生労働大臣により「濫用等のおそれのある医薬品」に指定されています。近年、若者間の市販薬乱用が懸念されています。「パイロンPL錠 ゴールド」では、「せき」への効能がある成分として、非麻薬性せき止め成分「デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物」を配合しました。

2. セルフメディケーション税制に対応
「たん」に効く成分は、医療用医薬品としても処方実績のある去痰剤「ブロムヘキシン塩酸塩」を配合しました。「ブロムヘキシン塩酸塩」は、セルフメディケーション税制の対象成分です。

3. 視覚障がい者・外国人対応の「アクセシブルコード」の導入
パッケージの裏面には、PIJIN社が提供する5言語(日本語・英語・簡体字・繁体字・韓国語)対応のQRコード「QR Translator」にデボス(凹)加工を施した「アクセシブルコード」を採用。スマートフォンなどでコードを読み取ると、自動音声による読み上げ機能で用法・用量等の説明を受けられます。デボス(凹)加工により、視覚障がいのある方でも触覚的にコード位置を把握でき、自動読み上げ機能により、コストや記載文字数の観点から困難であった点字の代替となることが期待できます。今年4月にパッケージリニューアルした解熱鎮痛薬「セデス」シリーズに続くアクセシブルコードの導入です。
※1 Accessible Code(アクセシブルコード)とは、エクスポート・ジャパン株式会社が開発し、QRコードを利用して、製品情報等を外国人や視覚障がい者にも多言語の音声で提供できるように規格化されたサービスです。
[画像3: https://prtimes.jp/i/48538/7/resize/d48538-7-441389-6.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/48538/7/resize/d48538-7-982602-1.jpg ]


■開発の背景
今年5月に当社が行った「かぜへの対処法」に関する調査では、64.2%が病院に行かないことを選択。「病院に行って受診する」を選んだ人はわずか16.95%にとどまりました。「病院で感染症にかかる不安」「他の人にうつす可能性」という理由を挙げる人が多く、セルフメディケーション需要の高まりがうかがえます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/48538/7/resize/d48538-7-277720-4.jpg ]


今後もシオノギヘルスケアは、「すべての人にやさしく、正しく、セルフケアを」をビジョンに掲げ、セルフケア社会の実現に向けて適正な情報提供活動を進めていきます。

■シオノギヘルスケアのESG経営に関して
シオノギヘルスケアは環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に配慮し、社会と共に成長いたします。国連サミットによる国際目標「SDGs(持続可能な開発目標)」の中では、特に「3.健康(すべての人に健康と福祉を)」「10.不平等(人や国の不平等をなくそう)」の2項目に着目し、社会課題を解決するための様々な取り組みを進めています。
[画像6: https://prtimes.jp/i/48538/7/resize/d48538-7-688733-0.jpg ]

■シオノギヘルスケア株式会社について
シオノギグループは創業以来140年以上にわたって、人々の健康に奉仕してまいりました。その中で、シオノギヘルスケアは、“常に人々の健康を守るために必要な、最もよいヘルスケア価値を提供する”という経営理念のもと、2016年1月に設立されました。多層的な事業/アライアンスなどによる付加価値でヘルスケア事業の競争力を高め、優れた製品・情報・サービスを通じて健康寿命延伸に貢献いたします。

商号:シオノギヘルスケア株式会社(SHIONOGI HEALTHCARE CO., LTD.)
会社設立:2016年1月15日
会社開業:2016年4月1日
資本金:1,000万円
従業員数:約110名(2020年4月現在)
代表者: 代表取締役社長 吉本 悟
本社所在地:大阪府大阪市中央区北浜2丁目6番18号 淀屋橋スクエア7階
事業内容:一般用医薬品、医薬部外品、管理医療機器、健康食品などのヘルスケア商品の開発・製造販売
URL: https://www.shionogi-hc.co.jp/

■詳細は下記URLよりダウンロードくださいませ。
https://prtimes.jp/a/?f=d48538-20200728-1519.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング