コオロギパウダーを贅沢に配合した「コオロギと温泉水のチップス」、FUTURENAUTより新発売!

PR TIMES / 2020年12月26日 12時15分

コオロギパウダーの持つ「高い栄養価」と「香ばしい風味」を最大限に活かしたお菓子、高崎経済大学ベンチャーから発売

高崎経済大学発ベンチャーのFUTURENAUT合同会社(本社:群馬県高崎市、代表:櫻井蓮)は、食用コオロギパウダーを使った新商品「コオロギと温泉水のチップス」を2020年12月28日(月)より販売いたします。




『コオロギと温泉水のチップス』とは

小麦粉のやさしい甘さ、コオロギの香ばしい風味、温泉ミネラルのほのかな塩味が融合した、自然の風味豊かなチップスです。

※ チップス1袋(50g)に、約50匹分のコオロギパウダーを配合しています。
※ 磯部温泉の温泉水は、県保健所により食品への加工が認められています。
※ 1袋(50g)あたりの栄養成分:エネルギー229kcal、たんぱく質6.2g、脂質2.6g、炭水化物40.1g、食塩相当量0.58g
※ 一般的なポテトチップス(日本食品標準成分表)と比べて、たんぱく質は2.5倍アップ、脂質は85%カット

[画像1: https://prtimes.jp/i/60156/7/resize/d60156-7-706702-1.jpg ]





新商品『コオロギと温泉水のチップス』の3つのこだわり


1、 原材料へのこだわり
バターやショートニングなどの油脂類、香料・着色料・保存料・膨張剤などの食品添加物、食塩を一切使わず、砂糖もギリギリまで減量・・・。
代わりにコオロギパウダーをたっぷりぜいたくに配合しました!!

2、お菓子としてのこだわり
お子様やお年寄りのみなさまにも召し上がっていただけるよう、食べやすい一口サイズに仕上げました。
油や塩で手が汚れる心配が一切ないので、お仕事や勉強の合間のおやつにもピッタリです!!

3、コオロギパウダーの風味を活かすこだわり
食用コオロギパウダーの「高い栄養価」と「香ばしい風味」を最大限に活かすため、試作に試作を重ね、余分な要素を限界まで削り、コオロギパウダーをたっぷり使ったチップスが完成しました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/60156/7/resize/d60156-7-112223-5.jpg ]




▶︎ご購入はこちらから FUTURENAUTオンラインショップ  http://shop.futurenaut.co.jp



『コオロギと温泉水のチップス』に使われているコオロギパウダーについて


食用に養殖されたヨーロッパイエコオロギ(Acheta domesticus)を粉末加工した、話題の次世代プロテインです。炒ったナッツのような香りと軽やかなうま味が特徴で、パンやお菓子にひと味違う風味を演出しつつ、簡単に栄養価を上げることが可能です。

他の品種に比べて雑味が少なく、他の食材と上手に調和する特徴があります。あれこれ混ぜて味を調整せずとも、素材そのものに十分な美味しさがあります。用いる原材料をシンプルにすることで、ぜいたくにコオロギパウダーを配合することが可能になりました。癖のないコオロギパウダーだからこそ、実現できたレシピです。
[画像3: https://prtimes.jp/i/60156/7/resize/d60156-7-654816-3.jpg ]

衛生製造管理基準(GMP、HACCP 認証適合)に適合したタイの農場、加工工場で生産されたコオロギパウダーを独自の調達ルートで輸入。残留農薬と食品微生物の自主検査を経て、安全・安心な次世代プロテインとしてみなさまにお届けしています。

コオロギパウダーの詳細はこちら: https://futurenaut.co.jp/cricket_powder/



FUTURENAUTについて

消費者心理分析、ターゲットマーケティング、食育・環境教育を研究する飯島研究室(高崎経済大学)発のベンチャー企業です。消費者心理や消費行動特性のプロファイリング研究をもとに、食用昆虫フードサービスに関心をもつ食品メーカー、飲食店等の参入支援を手掛けています。
原料となる食用コオロギパウダーの輸入販売のほか、自社オリジナルブランドの菓子の開発・販売も行っています。

[画像4: https://prtimes.jp/i/60156/7/resize/d60156-7-747187-0.jpg ]





会社概要

会社名:FUTURENAUT合同会社
所在地:群馬県高崎市本町48
代表者:櫻井蓮
ホームページ: https://futurenaut.co.jp
オンラインショップ: https://shop.futurenaut.co.jp


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング