震災後の水分補給・ストックに関する調査vol.2 飲まないまま期限切れした水のストック、 小学生以下の子がいる世帯だけで年間14億円以上!? ~節電意識の高い人ほど、防災・水分補給の意識は高い~

PR TIMES / 2012年8月24日 11時47分



キリンMCダノンウォーターズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 井上貴順)は、2012年7月、小学生の子どもがいる母親800名に対し、「震災後の水分補給・ストックに関する調査」を実施いたしました。調査結果から、期限切れになってしまった備蓄品の1位は「水」で、その平均金額は1,182円であることが明らかとなりました。以下がその調査結果になります。

【基本調査概要】
調査方法 : インターネットアンケート
調査実施機関 : 楽天リサーチ株式会社
調査実施期間 : 2012年7月21日(土)~7月22日(日)
対象地域 : 全国
対象者   : 小学生の子どもを持つ母親800名
対象者年代 : 30歳~49歳


【調査結果サマリー】

1. 水の備蓄量、関東は現実的なストック数を把握する傾向へ

 今夏購入予定のペットボトルミネラルウォーターの本数は平均4.97本(昨年の消費実績は平均5.11本)。購入量が多いのは昨年同様、関東(7.93本)と東北(6.70本)ですが、関東では昨年の消費量よりも購入予定数を少なく見積もっている傾向があります。「今年は水の購入予定数が減りそう」と回答する人も関東と東北に多いことから関東では買い占め騒動が沈静化し、各家庭に見合った購入数を把握する動きがあるのではと推測されます。

2. ストックで期限切れになったもの、1位は水で平均金額1,182円

 消費しないまま期限が切れた備蓄品としてあげられた食品の1位は「水」(118人)で、その金額は平均1182.2円。これを全国の小学生以下の子どもがいる世帯数で換算すると、年間14億円の水が期限切れを迎えてしまっていることになります。さらにもし上記の世帯すべてが期限切れを経験したとすると、その総額は年間91億円にもなってしまいます。

3. 循環備蓄を知っているのはわずか15.8%だが、実践している人は6割以上

 「循環備蓄」(P3参照)という言葉の意味を知っている人は、全体のわずか15.8%にとどまりました。しかし単語そのものは知らなくても備蓄の工夫として「日常的に消費しながら、随時買い足す」と回答した人は61.8%にのぼり、実践度合いが高い様子が伺えました。また、単語を知っている人の72.2%は循環備蓄を実践しており、日常的にストックを使う行為は生活に取り入れやすいスタイルであると考えられます。

4. 節電の意識がある人は防災・水分の補給の意識が高いものの節電を心がけている人は昨年よりも5.9ポイント低下

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング