慶應法学部FIT入試を目指す新高3生・既卒生対象『プロが答える!慶應義塾大学法学部 FIT推薦入試 無料個別相談ウィーク2019』を3/16(土)~3/30(土)に開催

PR TIMES / 2019年3月13日 10時40分

AO推薦入試専門塾洋々のプロ講師が50分の個別相談。遠方の方はSkype相談も

AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導を手がける洋々(本社所在地:東京都渋谷区)は、慶應義塾大学法学部の FIT入試の受験を検討されている受験生および保護者の方を対象とした『プロが答える!慶應義塾大学 FIT入試 無料個別相談ウィーク2019』を2019年3月16日(土)~2019年3月30日(土)の期間で開催します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/3600/9/resize/d3600-9-169198-0.jpg ]

●WEBサイト
https://you2.jp/kobetsusoudan_keiofit.htm

慶應義塾大学法学部では多様な学生の獲得を目的として、2006 年度より志望理由書や論文、面接などの試験によって合格者を選考するFIT(AO)入試を実施しており、法律学科・政治学科それぞれで最大80名の募集枠を用意しています。近年では認知度の高まりによる受験生の増加や、対策塾の増加により受験生を取り巻く環境も変化しています。

洋々はAO・推薦入試専門塾として2006年に創業以来、世界トップクラスのビジネススクールの面接担当官、世界的な経営コンサルティング会社のコンサルタントなど、ビジネス、法曹、アカデミックの第一線で活躍する講師が高校生を個別にサポートするという、学習塾や予備校とは一線を画す全く新しい教育で慶應義塾大学、早稲田大学をはじめとする難関大学に多数の合格者を輩出してきました。

無料個別相談では慶應義塾大学法学部のFIT入試合格を目指す方を対象に「いつからどんな準備を行うべきか?」「この活動実績で合格できそうか?」など多くの受験生が感じる疑問について、長年慶應義塾大学法学部のFIT入試に携わってきたプロフェッショナルがお答えします。

●キャンペーン名
『プロが答える!慶應義塾大学法学部 FIT入試 無料個別相談ウィーク2019』

●対象者
慶應義塾大学法学部のFIT入試を検討している新高校3年生・既卒生およびその保護者

●相談内容の例


慶應法学部FIT入試の概要
近年の試験内容
合格者の傾向
具体的な準備方法とスケジュール
併願校のプランニング

など、長年FIT入試を最前線で指導してきた洋々のプロフェッショナルが個別にご相談を承ります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/3600/9/resize/d3600-9-780657-1.jpg ]



●開催日時
2019年3月16日(土)~3月30日(土)
【営業時間】
平日:14:00~21:00
土曜日:10:00~19:00
水・日・祝日は休業日
個別相談の時間は1回当たり50分程度となります。

●開催場所
洋々 渋谷本校(渋谷駅宮益坂口徒歩 6 分)
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-10-4 メゾン・ド・ユー2階
https://you2.jp/you2_tokuchou/you2_shibuya.htm
[画像3: https://prtimes.jp/i/3600/9/resize/d3600-9-308055-2.png ]



遠方の方はインターネットビデオ通話サービス「Skype(スカイプ)」または電話でも相談可能です。
申込フォームにて選択いただけます。

●お申し込み・お問い合わせ
個別相談は予約制になっています。
インターネットからのお申込み
https://you2.jp/kobetsusoudan_keiofit.htm
および、電話またはメールにてご予約を承ります。

<お問い合わせ先>
AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々 事務局
電話:03-6433-5130(平日14:00-21:00、土10:00-19:00。水日祝休み。)
メール:you2_info@you2.jp

詳しくはお気軽にAO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々 事務局までお問い合わせください。
以上

◆株式会社 洋々について ( https://you2.jp/
株式会社 洋々(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役 清水信朗)は2005年9月に設立した会社で、「幼児から社会人まで生涯に亘って自己研鑽を行える場を多面的に提供することで、各人がその能力を最大限に発揮し、その人生を謳歌できるよう支援する」ことを創業理念に掲げています。現在は、AO・推薦・小論文対策の個別指導塾として、一般の塾・予備校とは異なる視点から、実務経験に根ざした個別指導を行っています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング