ハイアット ホテルズが沖縄初進出 「ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄」 2015年夏開業

PR TIMES / 2014年12月3日 15時34分

ハイアット ホテルズ コーポレーション(本社:米国イリノイ州シカゴ、社長兼最高経営責任者:マーク・ホプラメジアン)と株式会社ケン・コーポレーション(本社:東京都港区西麻布、代表取締役社長:佐藤繁)は、各関連会社を通してフランチャイズ契約を締結し、沖縄県那覇市の国際通り隣接地に沖縄初のハイアットホテルとして、「ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄」を2015年夏に開業いたします。



「ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄」は、那覇市のメインストリートである国際通りと歴史情緒溢れる壺屋やちむん通りを結ぶ那覇・桜坂エリアに位置しています。 那覇の台所と名高い公設市場、国際通り、やちむん通りから徒歩数分圏内にあり、観光の拠点として好立地ながらも、繁華街からは少し入った落ち着いた一角に位置しているため、観光だけでなくビジネス利用のお客様にも、優雅なホテルステイとローカルの特性と文化を思う存分ご満喫いただける最適なロケーションです。

那覇市内で最大級の高さを誇る地上18階建てのホテル内には、総客室数 294室、オールデイダイニング、ファンクションルーム、フィットネスセンター、屋外スイミングプール、リージェンシー クラブ ラウンジを備え、さらには最上階には那覇を一望するファインダイニングとバーをご用意いたします。

ハイアットのアジア太平洋地区不動産開発担当シニア ヴァイス プレジデントのラトネッシュ・ヴァーマは、「日本屈指の観光地として名高い沖縄に進出できることを大変嬉しく思うと同時に、ハイアット リージェンシー グアムのオーナーでもあるケン・コーポレーションと2軒目のホテルを開業できることを光栄に思います。また、ホテル運営で豊かな経験と実績を持つケン・コーポレーションとの関係をさらに強化し、アジア太平洋地区においてフランチャイズ事業の基盤となるホテルを確立できることを楽しみにしております」と、述べています。

ハイアットは東京、箱根、京都、大阪、福岡で9軒のホテルを展開しており、「ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄」は、「ハイアット リージェンシー 東京」、「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」、「ハイアット リージェンシー 京都」、「ハイアット リージェンシー 大阪」、「ハイアット リージェンシー 福岡」に続く6軒目のハイアット リージェンシー ブランドのホテルとなります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング