栃木県のご当地アイドル「とちおとめ25」 『とちおとめ大使』に立候補 2012年11月18日(日) 第3回アイドル横丁祭!! @SHIBUYA-AX

PR TIMES / 2012年11月22日 15時17分



 2012年11月18日(日)にSHIBUYA-AXで行われた、次世代の人気アイドルが集うイベント「第3回アイドル横丁祭!!」に、栃木県をPRするご当地アイドル「とちおとめ25」が出演した。
 イベント中のMCでは、自分たちのグループ名にも入っている栃木県の名産物とちおとめについて、「これから私たちがとちおとめの魅力を伝えていきます!」と、会場に集まった観客に向け、とちおとめをPRする“とちおとめ大使”に立候補すると宣言した。


 「とちおとめ25」は、いちごのおいしい食べ方や意外と知られていない栄養などを伝えるために作った新曲「いちごハカセ」を初披露。歌い終えた勢いそのままに、リーダーの“あい”が「これからいちごのシーズンだし、私たちがとちおとめをPRする“とちおとめ大使”に立候補しちゃおうか!?」と提案。突然の発言に、会場に集まった約800人の観客たちは大いに盛り上がり、「がんばれ~!」、「応援するよ~」と、メンバー達に声援を送った。その力強い声援を受けて“あい”は、「私たち“とちおとめ大使”を目指して頑張るので、応援宜しくお願いします!」と改めてコメントし、これからの活動に対して強い意欲を示した。
 JA 全農とちぎ(全国農業協同組合連合会 栃木県本部、栃木県宇都宮市)は、「とちおとめ25」の“とちおとめ大使”への立候補に対して、彼女たちの頑張りに期待し、応援していく姿勢だ。


 今後、「とちおとめ25」は自分たちが参加するイベントのステージパフォーマンス終了後に、とちおとめのPRやプレゼントなどを実施していく模様。彼女たちのPR活動の様子は、12月上旬以降、JA全農とちぎが開設する特設ウェブサイト「栃木のいちご」や「とちおとめ25」公式ツイッターでもアップしていく予定となっている。


・「栃木のいちご」特設ウェブサイト: http://www.tochigi15.jp/

・【期間限定とちおとめ大使】ツイッター公式アカウント:tochiotometaishi


■とちおとめ25について

栃木県のご当地アイドル。
栃木県をPRするユニットとして2010年に結成、上海万博のステージでデビュー。

2011年12月に行われたU.M.U.AWARD 2011ファイナルステージ出場より注目度が急上昇した。
グローバルなローカルアイドル『グローカルなアイドル』を目指す、平均年齢16歳のアイドルグループ。


<とちおとめ25/今後の活動スケジュール>

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング