MUGENUP、エムツーと業務提携 ゲームの2Dアニメーション制作をさらに簡単に

PR TIMES / 2014年7月25日 12時31分

株式会社MUGENUP(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:一岡 亮大、以下「MUGENUP」)は、有限会社エムツー(本社:千葉県我孫子市、代表取締役:堀井 直樹、以下「エムツー」)と、6月30日、業務提携契約を締結したことをご報告いたします。

エムツーが提供するキャラクターアニメーションツール「E-mote(エモート)」(※1)は、キャラクターの2Dイラストを元に滑らかで立体的なアニメーションを作成することができるエムツー独自のグラフィックエンジンです。

本業務提携によりMUGENUPは、E-mote とMUGENUPのモーションアサイン技術を組み込んだリアルタイムグラフィックエンジンを開発しました。これにより2Dアニメーションをいままでになくスピーディに制作することを可能にしました。



またこれに合わせてMUGENUPは、国内外19,000人のイラストレーターをネットワーク化したクラウドソーシングプラットフォーム上での2Dイラスト制作をより積極的に展開し、原画からアニメーションまでの開発を一貫して行うことを可能にしました。
国内のスマートフォン向けゲーム・アプリ開発企業のご担当者様からのお問い合わせを歓迎いたします。

(※1)エムツーが提供する「E-mote(エモート)」は、キャラクターの2Dイラストを元に滑らかで立体的なアニメーションを作成することができるエムツー独自のグラフィックエンジンです。立ち絵のキャラクターの表情、向き、手足を簡単かつダイナミックに動かすことができ、3Dモデルでは難しいイラストの質感をそのまま再現することが可能です。また2014年6月に正式リリースされた「E-mote3.0」でのPSDファイル一括インポート機能の実装により、2Dイラストからのアニメーション制作がさらに簡単になり、フリーウェア「E-moteFree Movie Maker(えもふり)」によってSNS向けのアニメGIFを手軽に作成できるようになりました。


【問い合わせ先】
株式会社MUGENUP
担当者宛
info@mugenup.com


■会社概要

株式会社MUGENUP http://mugenup.com/
株式会社 MUGENUP は「最速最大の『作る』環境を『創る』」をミッションとし、2Dイラスト/3D/アニメーション/映像など、多様なコンテンツを制作しています。コンテンツ制作における、煩雑な工程管理やリソース確保をシステム化、制作支援ツールの開発・提供を行っています。また、日本・中国・台湾を中心とした様々な得意分野をもつクリエイター19,000人をネットワークし、オンライン上で大規模な制作を可能にしています。2014年から、ゲームメディア「みなゲー(http://mina-game.com/)」の運用や、ライブコミュニケーティングアニメを始めとする番組づくり等、制作領域を広げています。テクノロジーと人の力で、想像を瞬時にカタチにし、コンテンツの未来をさらに加速する。それがMUGENUPのビジネスです。


有限会社エムツー http://www.mtwo.co.jp/
有限会社エムツーは、テレビゲーム制作を通じて「面白いとは何か?」を追究し、娯楽という形で人々の生活を豊かにする事を目指す制作集団です。新作オリジナルゲーム制作や新旧タイトルの各プラットフォームへの同時展開、懐かしい過去の名作のテイストを残したまま新作として蘇らせるリボーンゲーム制作、2Dキャラクターをイラストの質感を残したまま滑らかに立体的に動かすエンジン『E-mote』の開発など行っております。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング