イーセクター、取引先とHULFTを繋ぐHULFT CONNECTION SERVICEを提供開始

PR TIMES / 2014年1月23日 15時45分

~ HULFTユーザに朗報!クラウド活用でコスト3分の1、未導入企業ともデータ連携実現 ~



株式会社イーセクター(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柏木 茂、以下 イーセクター)は、本日より株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:宮野 隆、以下 セゾン情報)の提供するセキュアWebデータ連携ミドルウェア「HULFTクラウド(ハルフトクラウド)」を活用した、SaaS型データ転送サービス「HULFT CONNECTION SERVICE(ハルフト コネクション サービス)」の提供を開始いたします。

昨今、業務システムの多様化・複雑化が進み、企業においては複数のシステムが相互に連携し、データの共有化や連携が行われています。また、データ共有や連携の必要性は事業所内にとどまらず、拠点間や他社との連携も業務上必須となってきています。

このような企業のニーズに応え、イーセクターはHULFT CONNECTION SERVICEを活用し、HULFTが導入されていない環境とデータ連携を行う際に、HULFTを利用したデータ連携を実現いたします。本サービス導入により、データ連携の仕組みをHULFTに一元化した企業は、システム運用環境や手順の統一によりヒューマンエラーが抑制され、データ連携システムの安全性向上を図ることができます。また、イーセクターは、メインフレームからオープンシステムまで、マルチプラットフォーム環境に対応して約3,700ライセンスのHULFTファミリー製品を販売してきた実績と、15年に渡って導入支援や保守を行ってきた経験を活かし、複雑に連携した企業システムにおけるITガバナンスの強化と運用コスト削減を支援いたします。

今後もセゾン情報と積極的に連携し、セミナーやイベントなど両社で協力してプロモーション活動を推進し、イーセクターはHULFT関連事業において3年間で100社の導入を目指します。

【HULFT CONNECTION SERVICE の構成イメージ】


■HULFT CONNECTION SERVICEの特長
1. 基幹システムとシームレスに連携
HULFT連携オプションを利用することで、データ授受をトリガに、HULFTによって簡単に基幹システムと連携可能です。貴社に導入されているHULFTと、HULFT未導入のお客様とのデータ連携をシームレスに行うことができます。
2. よりセキュリティが強化された機能
通信経路上でのデータ欠損の有無や、定期的なデータ改ざんの確認で、整合性を検証。サーバ上でもデータを暗号化して保存し、セキュアな環境を提供します。
3. 簡単で便利な転送機能
インターネット環境だけで拠点間のデータ連携が容易に実現できます。 また、操作はWindowsのエクスプローラと同様で誰でも簡単に操作できます。
4. 運用負荷低減
ご注文いただいてから最短5営業日でサービスをご利用可能です。
OSやハードウェアのメンテナンスを弊社で行いますので、運用負荷低減につながります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング