~焼き肉のたれ2013年6~8月の購買理由~売れ筋ランキング 上位10ブランドで全体の75.5%を占めた! 店頭認知は「エバラ 焼肉のたれ」、検討・購買は「エバラ 黄金の味」!

PR TIMES / 2013年9月10日 12時53分



 フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業として、2013年2月1日にサービスを開始した購買理由データ提供サービスのデータをもとに購買理由に関する分析レポートを報告します。
 対象は、食品、飲料、日用品、医薬品、化粧品などの消費財商品約40カテゴリー。2013年9月2日時点で、購買理由データ数361,292件、会員数39,428名です。
 本リリースでの分析レポートの購買対象期間は6月3日~8月25日の約3カ月間、分析対象カテゴリーは「焼肉のたれ」で実施し、全国を対象に1,887レシートデータ(男性:605レシートデータ、女性:1,282レシートデータ)の回答を基に分析しました。



◆全体ランキングでは上位主要10ブランドで全体の75.5%を占める


 焼肉のたれカテゴリーの約3ヶ月間における購入は、1,887レシートとなりました。これらレシートデータをブランド別にみると、1位「エバラ食品 黄金のたれ」が443レシート、2位「キッコーマン わが家は焼肉屋さん」が278レシート、3位「エバラ食品 焼肉のたれ」が255レシート、4位「PB(プライベートブランド)」が148レシート、5位「エバラ食品 おろしのたれ」が69レシートとなりました。売れ筋上位10ブランドで、全体(1,887レシート)の75.5%を占めました。


◆ブランドごとに異なる購入経験(ユーザー)層が明らかに


 焼肉のたれカテゴリーの各ブランドにおける購入経験を聞いてみると、全体では「いつも購入している」が23.3%、「以前に何度か購入している」が54.5%、「今回初めて購入」が22.2%となりました。

 「いつも購入している(ヘビーユーザー)」が高い割合となったブランドは、「モランボン ジャン 焼肉のたれ」が40.7%、「上北農産加工農業協同組合 スタミナ源たれ」が38.6%、「エバラ食品 黄金の味」が35.9%の順となりました。
 また「今回初めて購入(トライアルユーザー)」では、「エバラ食品 焼肉応援団シリーズ」が53.8%、「PB(プライベートブランド))が46.6%、「牛角 牛角醤油だれ」が45.8%となり、ブランドによって購入経験の割合の違いが浮かび上がりました。


◆「店頭で購入を決めた」は全体の68.3%を占める

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング