Twitterデータから、ユーキャン新語・流行語大賞を大予想。「倍返し」の2倍のツイート件数を誇る「今でしょ」が大賞の大本命!!。対抗馬は、「激おこぷんぷん丸」!?

PR TIMES / 2013年11月26日 14時45分

株式会社トライバルメディアハウス(本社:東京港区、代表取締役社長:池田紀行)は、今年流行した言葉に贈られる「2013ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた候補の中でも、特に注目度の高い流行語(「今でしょ」「じぇじぇじぇ」「倍返し」「アベノミクス」「フライングゲット」「お・も・て・な・し」「激おこぷんぷん丸」)に関して、 Twitterに投稿されたツイートデータをクチコミ分析ツール「ブームリサーチ」を使用し、独自に調査分析しました。その結果、以下のことが判明しました。



☑ 最も多くツイートされていた流行語は約360万件ツイートされていた「今でしょ」であることが判明。次に多いのは、「激おこぷんぷん丸」の約330万件だった。

☑ 「今でしょ」「激おこぷんぷん丸」は7ヶ月間、1日1万件以上のツイート件数をキープしており、生活者の日常に馴染んでいる流行語であることが判明。

☑ 「激おこぷんぷん丸」は10代の女性に圧倒的に使用されているのに対し、「今でしょ」は幅広い年代からツイートされており、広く国民に受け入れられている流行語であることが判明。


【調査結果】

1:Twitter上で使用されたツイート件数を比較すると、一番多くツイートで使われていたのは「今でしょ」の約360万件。次に多かったのは、「激おこぷんぷん丸」の約330万件だった。

2013年1月1日から2013年11月20日までの各流行語がツイート上で使われていた件数を比較したところ、「今でしょ」が約360万件となり、一番多い結果となった。また、次に多い結果となったのは「激おこぷんぷん丸」の約330万件だった。
逆に、大賞候補と呼ばれる「倍返し」は約190万件、「じぇじぇじぇ」は約100万件と、「今でしょ」と大きく差がつく結果となった。


2:各流行語のツイート件数の推移を検証。「今でしょ」は2月から、「激おこぷんぷん丸」は3月からツイート件数が上昇し始めており、その後、7ヶ月ほど、1日約1万件のツイート件数を維持していた。

各流行語がツイート上で使われていた件数の推移を検証。「今でしょ」は2月から、「激おこぷんぷん丸」は3月から、ツイート件数が上昇を始めていた。また、「今でしょ」「激おこぷんぷん丸」ともに、上昇した月から7ヶ月の間は、1日約1万件のツイート件数をキープしており、生活者に広く馴染んでいる流行語であることが判明した。


3:各流行語をツイートしたアカウントの男女比率を検証すると、「フライングゲット」と「激おこぷんぷん丸」は女性がツイートする傾向やや高いのに対し、「今でしょ」「倍返し」は男性がツイートする傾向がやや高い。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング