経済産業省主催 『Innovative Technologies』事業に『QUMARION』が採択 - コンテンツ産業の発展に大きく貢献することが期待される技術として -

PR TIMES / 2012年9月10日 13時28分



株式会社セルシス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:野崎 愼也、以下:セルシス)が、ソフトイーサ株式会社(所在地:茨城県つくば市、代表取締役:登 大遊、以下:ソフトイーサ)、株式会社ビビアン (東京都調布市、代表取締役:久池井 淳)と、協力して技術開発を行なってまいりました『QUMARION(QUMA技術)』が、経済産業省主催の『Innovative Technologies』に採択されました。

名称 : デジタルコンテンツEXPO 2012
URL : http://www.dcexpo.jp/2012/index.html
会期 : 2012年10月25日(木)~27日(土)
会場 : 日本科学未来館

Innovative Technologiesは経済産業省が、コンテンツ技術イノベーション促進事業の一環として、我が国の優れたコンテンツ技術を発掘・評価するために、今年度新たに実施される事業です。そのような技術を、産学連携の場で発信を行うことで、コンテンツ産業の発展に貢献することを目的としており、QUMARION(QUMA技術)は、『デジタルコンテンツEXPO 2012』にて展示され、体験していただけます。

QUMARIONやQUMA技術の活用に関しては、QUMARION開発アライアンスプログラムの募集を開始(『QUMARION開発アライアンスプログラム』パートナー募集 :http://www.clip-studio.com/quma/topics/#news120817)いたしました。QUMARION SDKの提供や組み込むための技術的なサポートのご提供はもちろん、パートナー様からのご意見やご要望を反映し、QUMARIONならびにQUMA技術を利用した革新的なソフトウェア等の開発を、よりスムーズに行なっていただけるような仕組みづくりも併せて推進してまいります。

セルシスは創業以来アニメ、マンガを中心としたグラフィック分野において、クリエイターを総合的に支援するソリューションをご提供しております。その成果のひとつであり、パートナー企業とともに生み出したQUMARIONはこの度、Innovative Technologiesに採択され、革新的な技術であり今後コンテンツ産業の発展へ大きな貢献が期待される、というひとつの評価を得ることとなりました。当社は、クリエイターの支援を通じて、日本が誇るコンテンツ文化の活性化を支援する活動を今後も継続してまいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング