クレジットカードの利用シーン、「ネットショッピング」が73.0%、「家電量販店」が45.3%

PR TIMES / 2012年12月12日 9時24分

― クレカ所有者の34.1%がネットショッピング専用にカードを保有 ―

所有しているクレジットカードTOP3は 「楽天カード、JCBカード、三井住友VISAカード」 クレジットカードで重視した点は「ポイントが貯まる」75.0%、「年会費が無料」62.3% ポイントを意識的に貯めている55.7%、しかし、利用目的が明確なポイント貯蓄は43.9%

http://mmd.up-date.ne.jp/news/detail.php?news_id=1151





MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は、12月3日~6日にかけて「クレジットカードの利用に関する実態調査」を20代~40代の男女1,335人を対象に実施しました。

調査結果及び、調査概要については以下の通りです。尚、所有率が高かった上位のクレジットカードについては、参考までにクレジットカードの比較表をまとめました。

・日常的にクレジットカードを利用するシーン、「ネットショッピング」が73.0%、
「家電量販店」が45.3%、「デパート・百貨店」が38.7%
・クレジットカード所有者の34.1%がネットショッピング専用にカードを保有
・所有しているクレジットカードTOP3は
「楽天カード」42.5%、「JCBカード」32.0%、「三井住友VISAカード」27.5%
・所有したきっかけは「加入すると特典が付くキャンペーンや割引があったから」が53.1%、
「ネットショッピングの決済時に必要だったから」が38.7%
・クレジットカードで重視した点は「ポイントが貯まる」75.0%、「年会費が無料」62.3%
ポイントを意識的に貯めている55.7%、しかし、利用目的が明確なポイント貯蓄は43.9%

MMD研究所では、インターネットショッピングが一般化してきている昨今、決済時の利用頻度が最も多いと言われるクレジットカードについて、利用実態調査をした。

調査では、クレジットカードの所有状況、所有のクレジットカード名、きっかけ、重視点といった所有までの設問と所有後の利用シーンや不満、ポイント貯蓄についての運用面における設問を行った。


・ 日常的にクレジットカードを利用するシーン、「ネットショッピング」が73.0%、
「家電量販店」が45.3%、「デパート・百貨店」が38.7%
・ クレジットカード所有者の34.1%がネットショッピング専用にカードを保有

クレジットカード所有者(N=1,108)に日常的にクレジットカードを利用する場所について調査したところ、「ネットショッピング」が73.0%と最も多く、次いで「家電量販店」が45.3%、「デパート・百貨店」が38.7%という結果となった。次にネットショッピング専用にカードを所有しているかを聞いたところ、34.1%が専用にクレジットカードを持っていると回答した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング